古田新太の演技論「“お芝居”をする役者さんが嫌い」 さじ加減を吉田恵輔監督が称賛(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

俳優の古田新太が9月23日、都内で行われた主演映画「空白」の初日舞台挨拶に登壇。吉田恵輔監督から、オーバーになりすぎない演技のさじ加減を称賛された古田は「僕は“お芝居”をする役者さんが嫌いで。なんでそんなことするんだろうって思うので、なるべくあっさり」と自身の演技論を明かした。

【フォトギャラ】ニコニコ笑顔の松坂桃李も!舞台挨拶の模様

 劇中にある古田のタクシーでのシーンを例にあげて、吉田監督は「古田さんは重要だろってセリフに限って、さらっと言う。あれってほかの役者なら“重要なこと言っているぞ”っていう言い方をすると思います。古田さんを信じたいなと思って編集してみたら、これがたぶんお客さんに届くと思って。逆に俺が考えていたものがあざとかったので、そこら辺のさじ加減が鋭いなと勉強になりました」と古田のすごさを語る。

 「なるべくあっさり」と自身の演技論で返した古田は、「よく僕はくどいって思われるのですが、よくよく見てください。あっさりしていますから」と付け足して笑わせた。

 本作は、「新聞記者」「MOTHER マザー」など意欲作を次々と生む「スターサンズ」の河村光庸プロデューサーと「ヒメアノ~ル」「BLUE ブルー」などの吉田監督がタッグを組み、オリジナル脚本で挑んだヒューマンサスペンス。全国201館で公開を迎え、この日は古田、吉田監督のほか、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶが登壇した。

 中学生の少女がスーパーで万引きを疑われ、店長に追いかけられた末に車に轢かれて死亡してしまう。娘のことなど無関心だった少女の父親は、店長を激しく追及するうちに、関係する人々全員を追い詰めていく。

 撮影は緊急事態宣言前に行われ、撮影後にはよくスタッフ、キャストで飲みに行っていたそう。少女の父親を演じた古田は「非常に楽しい現場でした。とげとげしいシーンばっかりだったので、その反動で終わったらすぐ飲みに行っていました」と笑顔を見せてから、自身が追い詰めていくスーパーの店長を演じた松坂へ向けて「桃李は役作りをする人なんで、あんまり仲良くしちゃいけないって」と、飲みに行けなかったことを告白。

 首を横に振った松坂は「古田さんとのシーンはカロリーの消費量が高いので、疲弊しきってホテルに帰っていました。なぜ監督含めみんな飲みに行けるのか不思議で仕方なかったです」と笑い、松坂の前で古田と寺島が言い争うシーンの撮影後は「すぐに帰りたかったです。すぐに体を休めたかった」と苦笑していた。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。