古谷徹&池田秀一、これで最後だと思った…『逆襲のシャア』を振り返る(シネマトゥデイ)

出典元:『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』ティザービジュアル – (C) 創通・サンライズ

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のファンイベント「GUMDAM FAN GATHERING-『閃光のハサウェイ』Heirs to GUMDAM-」が24日、Zepp DiverCity(TOKYO)にて無観客で開催され、アムロ・レイ役の古谷徹、シャア・アズナブル役の池田秀一、藤津亮太(アニメ評論家)、小形尚弘プロデューサーが出席。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から『閃光のハサウェイ』への「物語の継承」をテーマに、濃厚なトークが展開された。

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特報映像

 1988年に公開された『逆襲のシャア』は、1作目の「機動戦士ガンダム」から14年後の宇宙世紀0093年を舞台に、一年戦争時から続く、アムロとシャアとの因縁を描いた劇場版作品。古谷が「ファーストガンダムから、ゼータガンダム(機動戦士Zガンダム)があって、そこから、アムロとシャアが登場するのは『逆襲のシャア』になった。僕らは『Z』からメインではなくなってしまったわけで、アムロとシャアが、がっぷり戦う作品ができるというのはすごくうれしかったです」と当時を振り返ると、池田も「『逆襲のシャア』というタイトルに、やっと我が世の春が来たかなと思いました」と笑顔を見せた。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。