名プロデューサーのハーベイ・ワインスタイン、セクハラ騒動で失脚か(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] ハリウッド屈指の大物プロデューサーとして知られるハーベイ・ワインスタインが、セクハラ疑惑の浮上によって窮地に追い込まれている。

 発端は10月5日(現地時間)の米ニューヨーク・タイムズ紙に掲載された記事。過去30年以上にわたり、アシュレイ・ジャッドやローズ・マッゴーワンら有名女優を含む多数の女性に対し、ワインスタインが行ってきたとされるセクハラ行為が赤裸々につづられている。

 ワインスタインは同記事が出た直後、「私の過去の行いが、多くの同僚に苦痛を与えたことについては、大変申し訳なく思っている」という謝罪コメントと共に、弟ボブと共同で会長を務めるワインスタイン・カンパニーを無期限で休職すること、問題と向き合うためセラピーに通うことを発表した。同社は被害を最小限に抑えるべく、即日で緊急取締役会を招集。米Deadlineによると、2日間におよんだ取締役会では、ワインスタインの処分をめぐり激しい議論が交わされた結果、8人の重役のうち3人が辞職するという事態にまで発展したという。

 同社は現地時間の6日付で発表した声明で、真相の解明に向け特別調査委員会を設立。性犯罪の訴追を数多く手がけてきた実績を持つ外部の弁護団による独自調査を行うこと、ワインスタインの処分については調査結果とセラピーの進展具合、ならびに本人の意向を考慮した上で最終決定を下す所存であること、その間、共同会長のボブ・ワインスタインと社長のデビッド・グラッサーが指揮をとることを明かした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。