和久津晶が涙した夜 ファンイベントで感じた温かさとその先にあった初勝利/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ファンイベントで涙する和久津晶

初勝利で我慢した涙を、人目もはばからず流した夜がある。人気の女性プロ雀士は、多くのファンとの触れ合いで、何度も目元を拭った。プロ麻雀リーグ「Mリーグ」、セガサミーフェニックスの和久津晶(連盟)が、今年最後の試合となった12月20日の試合で、待望の初勝利を挙げた。最高の一日でも笑顔でインタビューに答えたが、3日の夜に感じたファンの温かさは、笑顔だけでは受け止めきれなかった。

【映像】和久津晶が待望の初勝利(2回戦)

 黒く日焼けし、長い茶髪でギャル路線を行く人気選手・和久津。ルックスのイメージそのままに“超攻撃型アマゾネス”の異名とともに、今年からMリーグの舞台に飛び込んだ。所属する日本プロ麻雀連盟では、最高峰タイトル「鳳凰位」を争うリーグでは最高のA1リーグで戦い続けるなど、その実力はファンであるほどよく知るところだ。多数のテレビ対局にも出演していたこともあり、Mリーグでも“アマゾネス”っぷりを存分に発揮するものと思われていた。

 ところが、現実は正反対だった。トップどころか、2着までに入りプラスポイントを得るのも苦労した。「Mリーグは、いつもよりみんなが緊張しているイメージはありました。チーム戦の重みなのか、打牌のスピード、押し引き、スピード感も全然違う。見せ牌、落牌のイエローカードとかも緊張感があるし。そこに必要以上に、意識を持っていかれて緊張したこともあります」と、今まで経験してきた試合とは違う何かに、じわりじわりと手が縮んだ。

 元ダンサーという経歴もあってか、自分がどう見えているか、どう見せるかは、人一倍に意識が高い。“超攻撃型”という言葉に、自分を寄せすぎたこともある。「キャッチフレーズから入ってくる方も多いので、そういう戦い方を期待されているのかなと。それに応えたいし」。ただ、数千人いると言われるプロから選ばれた者が集った最高峰リーグでは、全力で戦う以外のことを入れられる余地などなかった。長年プレーしてきた日本プロ麻雀連盟での戦いとはスピード感も違えば、全プロの共通意識も違う。そもそも麻雀に対しての考え方が違う。自分でも強引かと思った攻めを諦め、自然な打ち筋を心掛けたつもりだったが、今度は守備的になりすぎた。悩んでいるところに追い打ちをかけるように苦戦。和久津が「たくさんの目」と語る中、最も多くの割合を占めるファンからも、その多数の目で見た様々な意見が何度も、たくさん寄せられた。

 そんな中で迎えたのが12月3日に行われ、1000人近いファンが集ったパブリックビューイング「プレミアムナイト」。麻雀界において、過去最大級とも言われたイベントで、試合のなかった和久津は、盛り上げる側として会場にいた。人気選手であっても、見たことのなかった景色。普段から「広げる努力、もっと外の世界へ」のアピールが必要だと訴えてきた本人にしても、楽しみにしていた日だった。全ての予定が終わり、最後はファンを見送るハイタッチ。選手列の先頭で構え、両手を挙げ、笑顔でその手を合わせ続けた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。