和装から洋服へ――昭和初期、東京の女性ファッションを一変させた「大火災」の記憶(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

新型コロナウイルスは、今なお東京、日本のみならず世界を席巻しています。

 ウイルスが知らず知らずのうちに人から人へ感染するといわれ、日本政府は急ぎ国民にマスクを2枚ずつ配りましたが、それだけでは足りず、店頭に並ぶと飛ぶように売れていく時期が続きました。

【着物の調査】「持っていない」7割、「持っていても着る機会なし」5割

 新型のマスクの宣伝をテレビや新聞で見た人も多いことでしょう。

 マスクが足りなくなるなんて、以前は思ってもいなかった現象です。この一件で私(合田一道。ノンフィクション作家)は、ある事件がきっかけで女性の「ズロース」が売れ出し、品薄になったという話を思い出しました。

 若い人たちは、ズロースとは何かを知らないかもしれません。これは、一般的なパンツより丈が長め、半ズボン型のゆったりとした作りの下着で、かつては一般的に使われていたものです。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。