奥野壮「圧巻のシーンが撮れた」 パラスポーツ×特撮ドラマに自信(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の奥野壮が主演を務めるNHK総合の特撮ドラマ『超速パラヒーロー ガンディーン』が、あす26日(後6:05~ 全3回)に放送を迎えるのを前に、主要キャストたちからのコメントが到着した。

【写真】”鬼コーチ”を演じる小芝風花

 本作は“車いすバトル・アクション”で戦う変身ヒーローが登場。パラスポーツと本格特撮が合体したドラマで、障害を抱えながらも大きな夢を持ち、パラ陸上の練習に打ち込む17歳の高校生・森宮大志を奥野、主人公を支えるパラ陸上のコーチを務めるヒロインで元陸上選手の深井京を小芝風花が演じる。

 スーパーヒーローに変身する高校生を演じる奥野は「僕が演じる森宮大志は車いす陸上に挑戦する高校生ですが、レースシーンの撮影の際には実際のアスリートの皆さんと並んで走る圧巻のシーンが撮れたと自負しています」と自信をのぞかせる。

 続けて「撮影に入る前から体づくりをして、実際のレースシーンも前もって準備して臨みました。パラスポーツと特撮というこれまでにない組み合わせ、どちらも第一線で活躍する方々と一緒に作り上げ、今までにない面白いドラマがたとでき思います。純粋に楽しんでいただけたらうれしいなと思っております」と胸を張った。

 大志を鍛える鬼コーチ役の小芝は「京が大志に、相手に勝つためには強い闘争心がないとダメ、というようなせりふを言うシーンがあるのですが、私もフィギュアスケートを習っているときは、まわりはみんなライバルだから、みんなが休んでいる時に1本でも多くジャンプを跳ばなければと思っていました。そういう気持ちは今回の役柄と似ていると思います。また、怪獣のシッポに巻き付かれてしまうシーンの撮影のとき、監督から『宙に浮いているので、その感じで動いていてください』と言われ、怪獣につかまったことなんてないので、監督から言われるがままに動いていました。完成映像を見るのが楽しみです」と撮影を振り返った。

【広告】


コメントは受け付けていません。