安藤玉恵がミナモザ「イェルマ」で子供望む人妻に、瀬戸山美咲演出の野外音楽劇(ステージナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ステージナタリー

ミナモザ「イェルマ」が9月3・4日に富山・利賀芸術公園 岩舞台で上演される。

本作は、瀬戸山美咲率いる演劇ユニット・ミナモザが、「SCOTサマー・シーズン2021」の参加作品として送る野外劇。スペインの詩人で劇作家のガルシーア・ロルカが1934年に執筆した「イェルマ」では、結婚して2年、妊娠・出産を望む妻イェルマと、仕事にまい進する夫ファンの姿を通し、“子供を産むこと”についての物語が描かれる。2017年にはイギリスのヤング・ヴィック劇場にてサイモン・ストーン翻案・演出の現代版が上演された。同プロダクションにインスピレーションを受けた瀬戸山と安藤玉恵が意気投合し、上演の運びとなった。今回は五十嵐あさか書き下ろしの音楽と歌で紡ぐ音楽劇として立ち上げられる。

【画像】安藤玉恵(撮影:永峰拓也)(他2件)

安藤がヒロインのイェルマを演じるほか、キャストには細川洋平、鈴木彰紀、吉岡あきこ、浜野まどか、廣川真菜美、五嶋佑菜、浅野悠那が名を連ねた。

瀬戸山は「『イェルマ』をやりたいねと安藤玉恵さんと話してから早3年。今回、野外というこれ以上ない環境で上演できることになりました。この作品の面白さは、社会に負わされる女性の義務を描くにとどまらず、『身体』の違いから来る絶対的な『わかりあえなさ』を描いているところにあります」と作品について語った。また、安藤は「絶対に開かないドアの前で、血が出るまで扉を叩き苦しみ叫び続ける女を、なんで演じたいと思うのだろう。答えはやりながら見つけます、何と言ってもあの瀬戸山さんと一緒にできるのだから」と意気込んだ。

チケットは8月7日10:00に予約開始。

■ 瀬戸山美咲コメント
「イェルマ」をやりたいねと安藤玉恵さんと話してから早3年。今回、野外というこれ以上ない環境で上演できることになりました。「イェルマ」は1934年に書かれた作品ですが、そこで描かれていることは今も変わっていません。この作品の面白さは、社会に負わされる女性の義務を描くにとどまらず、「身体」の違いから来る絶対的な「わかりあえなさ」を描いているところにあります。2021年の今、「多様性」という言葉を至るところで目にします。ただ、そこで言われる「多様性」とは、あくまでもマジョリティの立場から従来の価値観や社会構造から外れるものをそう表現しているに過ぎないように感じます。しかし、本来的に人間はひとりひとり違う生き物です。身体も流れる時間も異なります。そして、社会といわれるものは個体差のある生き物が“言葉”という共感も誤解も生む曖昧なものに頼りながら、なんとか共存しているだけです。その真実をこの戯曲は気づかせてくれます。

「イェルマ」は80年代以降、あまり日本で上演されてきていませんでした。それは、おそらく社会が一つの価値観に支配され過ぎていたため、「イェルマ」が描いていることの深刻さに目を向ける人が少なかったからではないかと思います。しかし、今、そういった旧来の社会のかたちに限界を感じる人が増えてきています。ガルシーア・ロルカが見ていた世界を今こそ解凍し、閉塞した現代に風穴を開けていきたいと思います。

■ 安藤玉恵コメント
ビリー・パイパーさんの口元、私の口元(具体的には上の歯と歯茎の位置関係)似てない?というのが、ナショナル・シアター・ライブで見た「イェルマ」の感想でした。というのは嘘ではないのですが、映画館からの帰り道、私これやってみたい!と思ったんです。絶対に開かないドアの前で、血が出るまで扉を叩き苦しみ叫び続ける女を、なんで演じたいと思うのだろう。答えはやりながら見つけます、何と言ってもあの瀬戸山さんと一緒にできるのだから。

■ SCOTサマー・シーズン2021 参加作品 ミナモザ「イェルマ」
2021年9月3日(金)・4日(土)
富山県 利賀芸術公園 岩舞台

作:ガルシーア・ロルカ
演出:瀬戸山美咲
音楽:五十嵐あさか
出演:安藤玉恵、細川洋平、鈴木彰紀 / 吉岡あきこ、浜野まどか、廣川真菜美、五嶋佑菜、浅野悠那

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。