小松菜奈、主演映画完成に涙「この日を迎えられて幸せ」 菅田将暉と結婚後初の公の場(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

女優の小松菜奈(25)が24日、都内で行われた主演映画『余命10年』(3月4日公開)ジャパンプレミアに登壇。昨年11月に俳優の菅田将暉と結婚して以降、初の公の場となった。冒頭のあいさつで、小松は客席を見回しながら「この企画をいただいてから…」と切り出すも長く言葉を詰まらせ「すみません…」と手であふれる涙をぬぐった。

【動画】観客を前に感極まり号泣する小松菜奈

 原作は、ヒロインと同じく余命10年を生きた小坂流加氏が2017年に発表した同名小説を実写化。二十歳(ハタチ)で難病となり、もう恋はしないと心に決めた余命10年の茉莉(小松)と、生きることに迷い、自分の居場所を見失っていた和人(坂口)のラブストーリー。

 異例の1年間にわたる撮影。小松は「本当にたくさんの物語があって…こうして完成できたことが感無量というか。本当にこの1年、みんなで前を向いて生き続けたこの1年。『余命10年』がたくさんの人に届いてほしいと心から願っています。この日を迎えられて幸せです」と感無量の様子。

 小松とW主演を務めた坂口も「一昨年からこの作品に携わってきて、宝物のような時間でした。本当に生き切った。(完成作品を観て)自分でもここまで感情があふれることがあるんだと驚きはした。愛にあふれた作品になっていると思います」と胸を張った。

 また、茉莉の大学時代の親友で本の執筆を進める藤崎沙苗を演じた奈緒は「小松さんとは前にもご一緒してプライベートでも仲良くしていただいていたので、減量しながらすごく大変な役を真剣に向き合っている姿は、仲間としても、友達としてもカッコいいな、と」と賞賛の言葉を送る。

 「みんなとの時間が1本の映画に詰まっている。観た時はいろんな気持ちがあふれてしまいました」とこちらも涙を堪えながら話す姿に、小松は再度もらい泣きしそうに。終始、感動的なムードに包まれていた。このほか山田裕貴、奈緒、黒木華、原日出子、松重豊、藤井道人監督が登壇した。

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。