山寺宏一、実写「シティーハンター」続編に期待「ぜひパート2ができたら」(映画.com)

出典元:アフレコ裏話を披露

[映画.com ニュース]北条司氏の人気漫画をフランスで実写映画化した「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の大ヒット感謝祭イベントが12月23日、都内で開催され、吹き替え版キャストの山寺宏一、神谷明、伊倉一恵が登壇した。

 本作は、ボディガードや探偵を請け負う凄腕のスイーパー(始末屋)=「シティーハンター」ことリョウと相棒のカオリが、においを嗅いだ者をとりこにしてしまう「キューピッドの香水」の奪還作戦に挑む。山寺は主人公・リョウ、アニメ版でリョウの声を務める神谷はモッコリー氏&精神科医、伊倉はスキッピーの妻を演じている。

 アフレコを振り返った伊倉は「今回は相当作りこんで挑みました! すごく楽しくてアドリブも入れたんだけど、カットされちゃいました(笑)」と裏話を披露。インパクトの強いキャラクターを演じた神谷も「モッコリー氏を演じている俳優さんの声は全然違うんですけど、僕も伊倉さんと同じでイメージで作りこんだ役なんです。それが上手くハマったのは俳優さんの懐の深さなのかな」と語った。

 神谷、伊倉の先輩2人からリョウ役を絶賛された山寺は、恐縮しつつ「(カオリ役の)沢城(みゆき)さんと収録現場で『2人とも自由にやってるね』と話していました」と、ベテラン2人の演技に刺激を受けていたことを告白。さらに、「僕はお2人に育てていただいたんです」と改めて2人へ感謝を述べた。

 最後に、山寺は「たくさんのプレッシャーがありましたが、こうして皆さんの笑顔を見ると本当にやって良かったなと思いました! ぜひパート2ができたらいいなと思っています!」と続編に期待を込めて挨拶をし、イベントは幕を閉じた。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。