山田洋次監督、寅さんにささげる「男はつらいよ」第50作「渥美さんに褒めてもらいたい」(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:ファミリーが勢ぞろい

[映画.com ニュース] 映画「男はつらいよ」の50周年を記念した、22年ぶりとなる第50作「男はつらいよ お帰り 寅さん」のプレミア試写会が12月19日、東京・丸の内ピカデリー1で行われ、山田洋次監督、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子らファミリーが顔をそろえた。

 現代に生きるさくら(倍賞)、おいの満男(吉岡)らと故渥美清さんが演じる車寅次郎が“共演”した人情ドラマ。山田監督は、「寅を生きているように表現することに、僕が一番迷った。同時に楽しい作業でもあり、編集でたくさん寅に会えた。寅だけ年を取らないから幻影のようだけれど、渥美さんは肉体を超越して精神的な表現ができる人だとでき上がって気づいた」と自信のほどを語った。

 その上で、あえて渥美さんを主演としてクレジットしたことを説明。「渥美さんが亡くなっていったんシリーズは終わり、いろいろな作品を撮ったけれど、いつもどこかで渥美さんが見てくれて褒められるといいなと思っていた。今度の作品こそ『俺も出ているけれど、よくできているな』と言ってもらいたいと願っている」と感慨深げに話した。

 倍賞と前田は1969年の第1作から出演しており、「どれだけ長い年月が流れても、吟ちゃんとちょっとカメラテストをすれば違和感なくできた」とあうんの呼吸を強調。第1作で、博からプロポーズを受けるシーンも挿入されており「ボロボロ涙が出ちゃった。あなた、素敵よ」と変わらぬアツアツぶりを見せた。

 吉岡は、「伯父さんがいつも見守ってくれているような気がした。50作を迎えられて感無量です」と感慨深げ。後藤とのキスシーンでは、「僕が及び腰になっていたんでしょうね。本番で監督が背中を押してくれたんです。その大きな手のぬくもりは、一生忘れません」と明かし、会場の笑いを誘った。

 本作のために女優復帰した後藤も、「どのシーンも重要で、すべてが印象深く思い出に残っています」としみじみ。その母親役の夏木マリは、「昭和の女として、令和のお正月に寅さんが戻ってきたのはすごく素敵なこと」と満面の笑みを浮かべた。

 「男はつらいよ お帰り 寅さん」は、12月27日から全国で公開される。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。