山田涼介×土屋太鳳の前に巨大な死体現る 『大怪獣のあとしまつ』超特報&ビジュアル解禁(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、女優の土屋太鳳がヒロインを演じる特撮映画『大怪獣のあとしまつ』より、超特報とティザービジュアルが解禁された。

【動画】この死体、どうする? 『大怪獣のあとしまつ』超特報

 松竹と東映が史上初となるタッグを組んで製作する本作は、特撮映画を全く新しい切り口で描く、完全オリジナル脚本の空想特撮エンターテイメント。死んだ後の怪獣のあとしまつにスポットを当て、特撮映画の誰も見たことのない“その後の世界”を描く。監督・脚本は、ドラマ『時効警察』シリーズや映画『転々』『俺俺』の三木聡。

 ある日突然、この国を襲う大怪獣が死んだ。ビックリするほど死体が巨大なうえ、ガス爆発も時間の問題だ。そんな未曽有の国家的危機の現場指揮の任務を背負わされたのは、首相直属の特殊部隊の帯刀アラタ(山田)。そんな彼の前に、環境大臣秘書で元婚約者の雨音ユキノ(土屋)が現れる。2人は前代未聞の無理難題“巨大な死体の後片付け”に、知恵と工夫と愛(!?)で立ち向かうことに。

 超特報映像は、緊張感漂う音楽が流れる中、荒廃した街のカット、そして死んだ巨大怪獣の姿が深い煙の中にうっすらと浮かび上がってくる場面から始まる。続いて、緊迫感のある表情を見せるアラタ(山田)と ユキノ(土屋) の姿、大怪獣が徐々にその巨大な姿を見せていく様子が映し出されていく。 果たしてこの巨大な死体を、誰がどうやって後始末するのか。

 ティザービジュアルは、アラタとユキノの前で、天に足を上げたまま死後硬直した大怪獣が、圧倒的な存在感を放ちながら横たわる姿を描いたもの。上には「この死体、どうする?」というコピーも添えられ、大きな物語の始まりを期待させるインパクトあるビジュアルとなっている。

 本作の怪獣造形を手掛けたのは、『平成ゴジラ』シリーズや『ウルトラマン』シリーズなどで数々の怪獣を作り上げてきた若狭新一。本作に登場する怪獣の大きさは、最全長380メートル(頭から尻尾まで)、最全高155メートル(つま先から胴体まで)と、邦画史上最大級。名前やその全貌は、今後明かされていく予定だ。

 映画『大怪獣のあとしまつ』は2022年全国公開。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。