岡田准一、土方歳三は役者人生で「一番かっこいい役柄」と自信 「燃えよ剣」完成報告(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

司馬遼太郎の歴史小説を映画化した「燃えよ剣」の完成報告会見が9月9日、都内で行われた。新選組副長・土方歳三役の主演・岡田准一をはじめ、土方と惹かれ合うお雪を演じる柴咲コウ、鈴木亮平(新選組局長の近藤勇役)、山田涼介(沖田総司役)、尾上右近(会津藩藩主・松平容保役)、山田裕貴(第15代将軍・徳川慶喜役)、伊藤英明(初代筆頭局長・芹沢鴨役)、原田眞人監督が一堂に会した。

【フォトギャラリー】舞台挨拶の模様

 挨拶に立った岡田は「今までいろんな役を演じてきましたが、土方歳三は歴代で一番かっこいい役柄」と自信のコメント。「関ヶ原」に続く原田監督とのタッグを「“場作り”のある現場に、すごく助けられた」と振り返り、「激動の幕末という時代を生き抜けたことを幸せに思える出来ばえ。(公開が)延期になり、今の時期に公開されることが、自分的にもすごく大きいですし、今の時代にもつながる何かがあるはず」と誇らしげだった。

 共演した鈴木は「甘くない時代を生きた、甘くない男たちの物語。そのかっこ良さを曲げない姿が、大変な転換期にある皆さんの指針になってくれると思う」と熱弁。岡田から「誰かが悩んでいれば、鈴木くんが食事に連れて行ってくれたり、チームワークを良くしてくれた」と感謝を伝えられると、鈴木は「局長ですから」と照れ笑いを浮かべ、「感情面のリーダーとして、隊士たちをいかにまとめるかが自分の役目なのかなと。それで考え付いたのが、一緒に飯に行くってことで」と明かした。

 本格的な時代劇に初挑戦した山田涼介は「殺陣の経験もまったくないに等しい状況で、座長である岡田さんから、優しく教えていただいた」と先輩に感謝の言葉。役作りで急激なダイエットが必要になった際は、岡田に加えて、鈴木もアドバイスを授けたといい「おふたりから『こういう塩の抜き方があるんだよ』と教えていただいた」と話していた。

 一方、紅一点の柴咲は「生き様をぶつけ合う新選組がうらやましくて、本当だったら、わたしも一員になれたらと……。作品を見て、燃えたぎるものがふつふつと湧き上がりました」と力強いコメント。同時に「オアシスにならないといけないという意味では、いつの時代も女って大変だなと思った」と役どころに共感も示していた。

 メガホンをとった原田監督は「監督になりたいと思ったときから『幕末をやりたい』と願っていた。理想のキャスティングが組めて、その夢がやっとかなった」と感慨しきり。当初は2020年5月に公開される予定で「まさか撮影から公開までに、こんなに時間がかかるとは。幕末を生きた人たちと同じように、今我々も恐れを抱いている。新選組の生きざまを体験してもらい、今の時代を生き抜く勇気を得てもらえたら」とアピールしていた。「燃えよ剣」は、10月15日に全国公開。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。