志田彩良、舞台挨拶欠席の今泉力哉監督の思いを代弁 井浦新は手紙を代読(映画.com)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:映画.com

女優の志田彩良が10月16日、東京・テアトル新宿で行われた主演映画「かそけきサンカヨウ」の舞台挨拶に、共演の井浦新、鈴鹿央士、菊池亜希子とともに出席した。メガホンをとった今泉力哉監督は、体調不良のため欠席した。

【動画】「かそけきサンカヨウ」予告編

 人気作家・窪美澄氏の短編集「水やりはいつも深夜だけど」に所収された同名小説を映画化。芸能事務所・テンカラットの設立25周年企画の第2弾として製作され、家庭環境の影響で早く大人にならざるを得なかった高校生・国木田陽の葛藤と成長を描く。今泉監督とは「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」に続き3度目のタッグとなった志田が陽を演じ、井浦が父・直に扮している。

 志田は、これまで家事は母親任せだったそうで「恥ずかしながら、1回も洗濯機を自分で回したことがなくて……。このままでは家事の出来る子には見えないだろうなと思って、撮影前が自粛期間中だったので『今日から家族分の洗濯や食事の準備などをやります』と母に言って、いちから教えてもらい、家族全員分の炊事洗濯をしていました」と告白。本編で水餃子を作るシーンにも触れ、「撮影の前日に、家で水餃子を100個作ったりしました。今でもたまに家事はしていて、なるべく自炊するようにしています」と微笑みを浮かべていた。

 この日は、原作者の窪氏から手紙が届けられ、「『普通の家族』から、どんなに遠くても間違ってはいない、というメッセージを丁寧に、丁寧に、描いていただきました」と綴られていた。これには志田も「嬉しいです。グッときました」と笑顔をのぞかせ、井浦も「窪さんがどう感じてくださっているのか気になっていたので、それが知れて嬉しいです」と安堵の面持ちだった。

 さらに、この日の来場がかなわなかった今泉監督からの手紙を井浦が代読。「観客の皆さまの顔を見たくて、正直、多少無理をしてでも登壇しようと思ったのですが、映画『かそけきサンカヨウ』に出てくる大人たちはみんな正直で、強がらずに生きています。ここで無理をすることこそ、この映画のメッセージに反しているのかな、なんて考え、きちんと休もう、みんなに甘えようと決めました。きっと映画の中の登場人物は『休むことが悪いことだなんて思わない』と言ってくれるだろうなと思いました。私が休んでいることも、いま一生懸命に生きている人たちへの何かしらのメッセージになれば幸いです。皆さんも辛くなったら休むこと、忘れずにいてくださいね」。

 志田は、「ここ数年で世の中が変化して、心が疲れてしまった方もいると思うんですが、この作品が逃げ場だったり、救いになってくれたらいいなと思います」と客席へメッセージ。そして、「今泉監督がいつも舞台挨拶などで言っている言葉ですが、観てくれた方の感想とか直接的な言葉というのがとても大切なので、ぜひ、今日観ていただいた感想などを素直にSNSなどで広めていただけたら嬉しいですし、身近な方には直接この作品のことを薦めていただけたら嬉しいです」とアピールに努めていた。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。