日本の花火は「ショービジネス化」するべきなのか? コロナ禍で窮地迎えた花火師の苦悩(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

私たちの日常を大きく変えたコロナ禍。これによって失われたものの一つに「花火大会」がある。皮肉にも、花火は元来“疫病”退散や慰霊が目的の行事。江戸時代から日本文化に根付き、全国各地で行事化。それゆえ開催するのは主に自治体で、観覧は無料。そんな花火を取り巻く環境を、新たにビジネス化する流れが日本でも生まれ始めている。業界内では、コロナ禍を経て、多くの転職・失業者も出た。「伝統を紡ぐためには、新たな挑戦が求められている」と語る新鋭花火演出家の平山英雄氏と中嶌結希氏に、今まさに過渡期を迎えている日本の花火の未来を聞いた。

【写真】安室奈美恵、浴衣姿でお忍び来場 花火ショーを3万人と楽しんで引退

■伝統的に継承されてきた「日本花火」と商業的に発展してきた「西洋花火」に大きな“壁”

 春は桜、夏は花火、秋は紅葉、冬は雪見――。日本は古来より四季を楽しむ“風物詩”に溢れていた。その中で「花火」だけは人工物。日本の花火の一発玉は、日本人特有の職人気質、また神への奉納、供養などの意味が込められていたこともあり、一玉一玉を丁寧に作り込む
技術は世界屈指とも言われる。花火大会に関しても1時間から2時間かけて、多種多様な花火を打ち上げる催しは日本特有のスタイルである。

 西洋では短時間で打ち上げて観覧する花火がほとんど。何らかのイベントのクライマックスに、花火を同時に、もしくは短時間で何発も打ち上げる花火だ。つまり西洋の花火は、日本と比べ、ショーの一部、演出としてエンターテインメント的に捉えられている。

 平山英雄氏は、28歳の時に八景島でスペインの花火会社が手掛けた音楽と花火を完全にシンクロさせる花火ショーを目にして一念発起した。これまで無料でゆっくり見る花火大会が親しまれてきた日本で、エンターテインメントの付加価値をプラスした花火にビジネスチャンスを感じたという。「初めて音楽と完全にシンクロして様々な花火が打ち上がる海外ならではの花火ショーを観ました。当時の日本の花火会社には絶対に真似できないそのスタイルに可能性を強く感じたのです」(平山氏)

 以前は大手IT企業の会社員だった平山氏の新進気鋭な働きかけもあって、ここ20年で、日本の花火の打ち上げ技術、演出は急激に進化してきた。だが、ショーとして魅せられる日本の花火は「20年ほど前は1割程度でした」と中嶌結希氏は語る。「1つ1つの花火を作りこむ日本の職人の感性や技術は世界一だと感じます。ですが、花火を使った演出力やショーとしての完成度は西洋と圧倒的な差がある」(中嶌氏)

【広告】 更年期?

《経典薬方》附桂八味丸

・膝や腰など関節に痛みがある方に
・排尿時における障害を感じる方に

膝、腰の痛みや弱み、排尿障害などの症状に。

コメントは受け付けていません。