映画『フリー・ガイ』NYでワールドプレミア ライアン・レイノルズ、ジョー・キーリーら来場(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

ライアン・レイノルズが主演する映画『フリー・ガイ』(8月13日公開)のワールドプレミアが現地時間3日(日本時間4日)、米ニューヨーク・AMCリンカーンスクエアシネマで開催された。主演を務めた「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズをはじめ、世界的人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のスティーブ役で知られるジョー・キーリー、そして同じく『ストレンジャー・シングス』、「ナイト ミュージアム」シリーズのショーン・レヴィ監督らキャスト・スタッフが集結した。

【画像】『ストレンジャー・シングス』のスティーブとマックスが登場

 本作は、ルール無用のオンライン・アクションゲーム〈フリー・シティ〉内で、“ゲームのモブキャラ”として平凡で退屈な毎日を繰り返すガイが、モロトフ・ガール(演:ジョディ・カマー)というキャラクターとの運命的な出会いによって、新しい自分に生まれ変わるため、ゲーム内のプログラムや設定を完全に無視して自分勝手に行動開始し、現実世界を巻き込んで大混乱を巻き起こして行くストーリー。

 プレミアでは、公開を待ちわびたファン達の歓声に迎えられ、キャストたちが続々とレッドカーペットを歩いた。主演のライアンは、ガイのトレードマークでもあるチノパンを連想させるベージュのスーツをスタイリッシュに着こなし、大胆にカットされたスパンコールのドレスに身を包んだ妻のブレイク・ライヴリーと共に登場。リラックスした様子で写真撮影に応じ、ファンにサプライズプレゼントを渡すなどライアンらしいサービスも見せ、会場のファンを歓喜させた。

 本作についてライアンは「いつの時代よりも今の時代にとってタイムリーな作品だと思う。映画自体が素晴らしく、喜びの塊がすごい速さで転がっていくような作品で、僕が子どもの頃に観ていたようなオリジナルなアイディアのみに基づいた作品に参加できてとても興奮している。これまでの反応は上々だ。これ以上うれしいことはないね」と待ちわびていた公開の日を迎えるとともに、早くも聞こえてくる評判の良さに感無量の様子。

 世界的大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』スティーブ役で一躍人気者の仲間入りを果たしたジョー・キーリーは、ゲストとして駆け付けた同じく『ストレンジャー・シングス』でマックス役を演じたセイディー・シンクとともに登場。ジョーは、「クレイジーだよ! これまでに数回の公開のチャンスを経て、正直ホッとしている。誇りに思える作品だよ。娯楽的な作品であり、よいメッセージを持っている作品だ。『ストレンジャー・シングス』など、監督のすべての作品にはハートがたくさん込められているんだ」とライアン同様に公開の喜びを語り、『ストレンジャー・シングス』で共に仕事をしたレヴィ監督への絶大な信頼を表した。

 そして、レヴィ監督は「本作は約2年前に作ったけど、今こそ必要とされている気がする。とにかく楽しんでほしい、そして、前向きな姿勢と希望が持つ可能
性というテーマを噛み締めてほしい」とファンに向けてメッセージを送った。

 会場には〈フリー・シティ〉内のガイの親友バディ役を演じたリル・レル・ハウリーらも登場し、公開の喜びをそれぞれに表現。終始和やかな雰囲気でイベントは終了し、本作の希望や楽しさに満ちた世界観が伝わる大盛況のイベントとなった。

■集合写真
(左から)アダム・コルブレナー(製作)、スティーブ・アスベル(20世紀スタジオ)、イーサン・トーマン(プロダクション・デザイナー)、タイラー・”ニン
ジャ”・ブレヴィンス(ニンジャ役)、リル・レル・ハウリー(バディ役)、ライアン・レイノルズ(ガイ役)、ジョー・キーリー(キーズ役)、ショーン・レヴィ(監督)、カミーユ・コステック(セクシー役)、マット・リーバーマン(脚本)、ザック・ペン(脚本)、フランシスコ・マルケス(銀行強盗役)

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。