映画完成から13年を経て中国で『おくりびと』ブーム再燃 滝田監督「驚きつつも大変光栄」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の本木雅弘が主演し、「第81回アカデミー賞」(2009年)で日本映画史上初の外国語映画賞を受賞、世界67の国と地域で公開され、世界各地の映画祭での総受賞数103冠を誇る映画『おくりびと』が、日本で公開されてから13年も経った今年10月29日により中国全土9400スクリーンで劇場公開され、旧作ながらも初週興行収入ランキングで第3位に入る異例の大ヒットとなっている。これを受けて、滝田洋二郎監督がコメントを寄せた。

【画像】映画『おくりびと』中国版ポスター

 映画完成から13年を経て中国で再燃した『おくりびと』ブームに、 滝田監督は 「オスカー受賞から10数年を経ての中国公開に驚きつつも大変光栄です。色褪せることなく時や国を越えてこの作品が多くの方に受け入れていただいたのであるならば、本当に映画冥利監督冥利に尽きます。ありがとうございます」と、喜びを表した。

 同映画は、2008年に日本で公開され、“アカデミー賞受賞”の追い風を受けて、観客動員575万人・興行収入64.8億円の大ヒットを記録した。中国においてもこれまでにテレビ放送や配信を通じて多くの人に観られてきたのだが、今回「4K修復版」を新たに製作し、初めて劇場公開された。11月17日時点の中国内興行収入は6235.7万元(約11.2億円)に達している。

 中国のSNSでは、劇場で鑑賞した人々からは「最高傑作だ!」「映画館に行って鑑賞して絶対後悔しない作品」「本当に心の奥まで突き刺さった」「大泣きしました」と、賞賛のコメントであふれているそう。

 中国でヒットした日本の映画ではこれまで、宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し』『となりのトトロ』などのアニメが主流だったが、「第71回カンヌ国際映画祭」で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』(18年公開/興収9600万元)、『祈りの幕が下りる時』(19年公開/興収6700万元)など、近年は実写映画がヒットするケースも増えてきている中、『おくりびと』は旧作の上映ながらも日本映画として久々のヒットとなった。

コメントは受け付けていません。