最狂女優・萩原みのり、続く“ドラスティックな役柄”に納得も「壁ドンとかされてみたい」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

2021年、ドラマ『RISKY』(毎日放送)、『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京)や、映画『花束みたいな恋をした』など、10本以上の作品に出演する大活躍を見せた女優・萩原みのり。劇中では、鬼気迫る迫力を見せたかと思えば、儚げな狂気をにじませる役を演じるなど、24歳という若さながら役柄の幅は広く、演技派女優として、映像界では引く手あまたの存在となっている。そんな萩原は、最新作映画『成れの果て』でも、過去に因縁があった姉の婚約者に対して驚くべき行動を仕掛ける女性を熱演。「この役を受けていいのか迷った」と語るほどの難役に挑んでいるが、いまの活躍を自身はどのように評価しているのだろうか。萩原の胸の内に迫る。

【写真】今年結婚…夫・内山拓也監督をじーっと見つめる萩原みのり

■助けを求めているような過酷な役が多いことに「自覚はあります」

――2020年、2021年と出演作が続きましたね。ドラスティックな役柄が多いように感じます。ご自身でもそういった自覚はありますか?

萩原みのり:「幸せになりたいだけなのに」とか「苦しくてたまらない」みたいな幸せを求めるようなフレーズが多い作品が多いなと感じていました。企画書を見て、「たぶん、この役の話が私に来ているんだろうな」とピンとくるようになりました(笑)。助けを求めているキャラクターの役のお話が多いなという自覚はありますね。

――そういう役が舞い込んでくるということに対してはどんな思いを抱いていますか?

萩原みのり:私は自分では割と明るい方だと思っていたので、「あれ、皆さんの私に対するイメージってそういう感じなんだ」というのはありましたが、良く考えるとデビュー作も不登校の役だったなと(笑)。そこから割と過酷な運命を背負う役が多く、自分でも「なんでなんだろう」と思っていたのですが、最近はその違和感もなくなってきました。すごく分かりやすい言葉でいうと、暗い役が多いのですが、演じていくうちに、そういうキャラクターでも、どこか違う面、例えば一瞬見せる明るさとか……そういう部分をどれだけ出せるかという楽しみを見出せるようになった気がします。

――過酷な境遇の役を演じるうえで、意識していることは?

萩原みのり:例えば映画を観た人が「意地悪な子だな」と思う役を演じても、私だけは否定しないということは心掛けています。どんな意地悪な子でも、違った側面もあるはず。そういった部分を丁寧に表現したいと思っています。

【広告】 更年期?

《経典薬方》六味地黄丸

・膝や腰に緩みまたは痛みを感じる方に
・口腔の潰瘍がある方に

膝・腰の緩みと痛み、口腔の潰瘍の改善に

コメントは受け付けていません。