本広克行監督&押井守監督、実験映画レーベルへの思いを語る 上田慎一郎監督の新作は「一番の問題作」!?(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

本広克行監督、押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加する映画実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」のキックオフ会見と、レーベル第1弾作品「ビューティフルドリーマー」(本広監督)の完成披露イベントが、10月5日に東京・スペースFS汐留で合同開催された。監督4人をはじめ、「ビューティフルドリーマー」に出演した小川紗良、秋元才加、飯島寛騎、ヒロシエリが登壇した。

【フォトギャラリー】小川紗良&神尾楓珠&秋元才加が共演した「ビューティフルドリーマー」場面写真

 日本映画界に多大な影響を与えた「日本アート・シアター・ギルド」(通称ATG)に着想を得て発足した、「監督絶対主義」で映画を制作する「Cinema Lab」。本広監督は、「今、あまり大きな予算をかけられないインディーズの映画が面白くて。でも、僕らが作るような一般的なメジャー作品との間の作品がないと、上田くんのような監督も次に行きづらいんじゃないかと思い、レーベルを立ち上げました。それを押井さんの力をお借りしてやろうと思ったレーベルです。第2弾、第3弾と続けば、日本映画界も活気づくんじゃないかと思いました」と経緯を説明する。押井監督も「今の日本映画界は息苦しい。何が息苦しくしているんだろうと、そういうところから発想されたレーベルです。こういう挑戦的な企画は逆に自由すぎてもよくない。監督自身に対する挑戦も必要じゃないかと思った」と胸中を明かした。

 さらに、それぞれの監督作での挑戦に話が及ぶ。小中監督は「本広さんからは(1986年の自主映画)『星空のむこうの国』のセルフリメイクをリクエストされたんです。自分の最初の作品にもう一度チャレンジして、今の自分に何ができるか、やってみようというのが僕のチャレンジです」と意気込む。監督陣の中で1番の若手となる上田監督は、「カメラを止めるな!」公開前に、本広監督に声を掛けられたという。「その時は『カメ止め2』を作ってくれとリクエストされたんです。それは今回はやめておきましたが。でも新作は、自分の企画ストックの中でも一番の問題作。先月下旬に無事にクランクアップしました。自由に作らせていただいて。想像している以上に奇妙でおかしな映画になりそうだなと思っております」と、監督作「ポプラン」への自信をのぞかせた。

 続く第2部では、「ビューティフルドリーマー」のキャスト陣と本広監督が、ユニークな映画づくりについてトークを繰り広げた。映画を撮ったことがない映画研究会が、“いわくつきの台本”の映画化に奮闘するさまを描く本作。劇中映画の監督を務める主人公・サラを演じた小川は、「女優で映画監督をやっているのを知った上で、こういう当て書きのような役をいただけたのがすごくうれしくて。台本が大枠であって、あとは即興芝居で埋めていくというやり方でしたが。稽古期間も設けていただいたので、みんなで悩みながら。稽古が終わってもみんなでああだこうだとやっていたけど、その時間が、チームワークを深めてくれたと思います」としみじみ振り返る。

 秋元は、「お芝居に余白があった」というエチュードを取り入れた撮影に思いを馳せる。「グループ在籍時に、ヒマな時間にエチュードをやっていたんです。お客さんが来ないパブとかスナックで働いている女の子の設定などで、いろいろやっている時期が合って。だから拒絶感はなかったし、面白そうだなと思って。いい経験をさせていただきました」と、満足気な表情で締めくくった。

 「ビューティフルドリーマー」は、11月6日からテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。