東京国際映画祭の特別招待作品は意欲作ずらり! ラインナップ17本が明らかに(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:映画.com

[映画.com ニュース] 第33回東京国際映画祭(10月31日~11月9日)の特別招待作品17本が、9月25日に発表された。ラインナップの中には、ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を獲得した「ノマドランド」も含まれている。

 既にオープニング作品「アンダードッグ」、クロージング作品「HOKUSAI」、Japan Now部門の「深田晃司監督」特集が発表されているが、ジャパニーズアニメーション部門ではポケットモンスターとスーパー戦隊が特集されることも明らかになった。

 なお、写真家で映画監督の蜷川実花が撮影を担当したポスタービジュアルも完成。新型コロナウイルスの感染拡大で先行きの見えないなか、映画で気持ちだけでも晴れやかにできれば、という映画祭サイドの思いが込められたものに仕上がっている。

■特別招待作品一覧

「HOKUSAI」(日本/橋本一監督)
「アーニャは、きっと来る」(イギリス・ベルギー/ベン・クックソン監督)
「あのこは貴族」(日本/岨手由貴子監督)
「エイブのキッチンストーリー」(ブラジル/フェルナンド・グロスタイン・アンドラーデ)
「おらおらでひとりいぐも」(日本/沖田修一監督)
「滑走路」(日本/大庭功睦監督)
「サマーフィルムにのって」(日本/松本壮史監督)
「10万分の1」(日本/三木康一郎監督)
「ジョゼと虎と魚たち」(日本/タムラコータロー監督)
「水上のフライト」(日本/兼重淳監督)
「スカイライン 逆襲」(イギリス・スペイン・リトアニア/リアム・オドネル監督)
「ノマドランド」(アメリカ/クロエ・ジャオ監督)
「フード・ラック!食運」(日本/寺門ジモン監督)
「Peninsula(英題)」(韓国/ヨン・サンホ監督)
「魔女見習いをさがして」(日本/佐藤順一監督、鎌谷悠監督)
「ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒」(カナダ・アメリカ/クリス・バトラー監督)
「燃ゆる女の肖像」(フランス/セリーヌ・シアマ監督)

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。