松坂桃李「娼年」の本編半分以上の濡れ場に「服を着させてくれ!」(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李が4月15日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「娼年」(公開中)の女性限定上映会に出席した。

「娼年」トークイベントの模様はこちら!

 原作は、「娼夫」として女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を描き出した石田衣良の同名小説。2015年の舞台版でタッグを組んだ三浦大輔監督、松坂桃李が、映画版でも再タッグ。性を通じて、人間の心の奥底に潜む人間ドラマを描き出した。

 女性で埋め尽くされた客席内を見渡した松坂は「本当に女性の方ばかりなんですね……」と圧倒された様子。劇中では、松坂をはじめ、俳優陣が身も心も裸になってさらけ出し、本編の半分以上にわたって激しい濡れ場シーンを展開することもあり、女性客のまなざしを感じた松坂は「ハードプレイですよ。これはたまげますね……。けっこうアウェイ感があります」と照れくさそうに笑った。

 本作は特に新宿、日比谷の劇場で連日のように満席状態が続いているそうで、この日の会場にも多くのリピーターが来場。そんな本作がヒットしている様子を告げられた松坂は「本当ですか?」と驚きつつも、「『名探偵コナン』でもなく、『リメンバー・ミー』でもなくですよね。R指定なので、テレビでもそれほど多くプロモーションをしたわけでもないのに……。でもそれはきっと、見ていただいた皆さんの支えで広まっているんだなと、強く感じています」と続けた。

 さらに司会者から「体も絞れている感じですね」と指摘された松坂は、「あれは撮影のつらさのあまり、そうなったんです」と笑顔。撮影は深夜におよぶことが多かったそうで、「そんなに長時間濡れ場をやることもないので。そんなにやるもんじゃないですよ」と苦笑いを浮かべた。さらに「長時間、ずっと裸だったから風邪をひくかと思うくらい。服を着させてくれ! という感じになってくるんですよね」と続けると、「スタッフさんもだんだん恥ずかしさがなくなっていって。現場では卑わいな言葉が飛び交っていました。でもこれ、(メイキングの入った)DVDが出るんですかね?」と付け加え、会場を笑わせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。