松坂桃李『孤狼の血』続編への熱意 役所広司から受け取ったライター胸に3年過ごす(オリコン)

出典元:オリコン

俳優の松坂桃李が20日、都内で行われた映画『孤狼の血 LEVEL2』孤狼祭―コロフェス-完成披露プレミアイベントに出席。前作から3年の時を経ての続編となったが「本当に経っているんですよね。3年分のたまっていた思いをぶつけたいなと思って臨みました」と言葉に力を込めた。

【動画】松坂桃李、役所広司から受け取ったライターを披露

 同作は、2018年公開の前作『孤狼の血』から、3年後が舞台。広島の裏社会を治めていた伝説の刑事・大上(役所広司)亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転していく。原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなっている。

 松坂は「(劇中の)ライターも、前作の時に役所さんから本当にいただいて、個人的にお守りのように持っていたんですよね。ようやく生かせることができました」としみじみ。共演者の斎藤工は「前作の後に、松坂さんと違うお仕事でご一緒することがあったんですけど。その時は、狼からかわいいくまさんに変身されていたのですが(笑)、その時もライターを片時も離さず持っていて、続編にかける思いをひしひしと感じました」と明かした。

 松坂は、今作に向けて減量にも臨んだようで「いわゆる、飢えた感じというか、狂犬みたいなものにつながればいいなと思って、飢え感がほしかったんですね。そこからつながる復讐心というか、エネルギーみたいなものも含めて表現できたら…」と奮闘ぶりを打ち明けた。

 イベントにはそのほか、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏、s**t kingzも出席。ケンドーコバヤシがMCを務めた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。