松浦弥太郎の初監督作「場所はいつも旅先だった」 旅情あふれる予告編、チラシ5種を公開(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

文筆家、書店オーナー、雑誌「暮しの手帖」元編集長など、さまざまな肩書きを持つ松浦弥太郎が初監督したドキュメンタリー「場所はいつも旅先だった」の予告編とチラシ5種、イモトアヤコからのコメントが公開された。

【フォトギャラリー】「場所はいつも旅先だった」5種のチラシ画像

 サンフランシスコ(アメリカ)、シギリア(スリランカ)、マルセイユ(フランス)、メルボルン(スペイン)、台北および台南(台湾)と、世界5カ国・6都市を旅した松浦が、各地で体験した出会いとかけがえのない日々を、飾らない言葉でエッセイ集のようにつづっていく。朗読を脚本家・演出家の小林賢太郎、主題歌をアン・サリーが担当。

 また予告編と併せて、上映劇場の渋谷ホワイトシネクイントでは、限定版チラシ5種類が配布される。世界5カ国を巡った映画にちなんで、旅先で撮影された写真5枚を選び、各都市ごとに、監督が自ら1行コメントを加えた。コロナ禍で旅に出ることが難しいだけに、見るものに旅への郷愁を募らせるような淡いカラーを生かしたビジュアルが特徴だ。10月29日から渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開。

▼コメント

カリカリに焼けたベーコン
野を裸足で歩く親子
ディープな儀式
道ばたの野良犬

旅が日常だったわたしにとっては
なんだかとても懐かしく
旅することが難しくなった
今のわたしにとっては恋しく感じる。

映像からにじみ出る
そこに暮らすひとの感情、
みずみずしい湿度、スパイシーな匂いを思いだし、旅を体感できる。

そんな78分の心の旅を堪能させてもらいました。

イモトアヤコ

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。