林遣都、小松菜奈のフォトジェニックさに目が点 横に並ぶと「素人と思われるぐらい…」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

俳優の林遣都、女優の小松菜奈が14日、都内で行われた映画『恋する寄生虫』(11月12日公開)女性限定試写会トークイベントに参加した。

【全身ショット】ノースリーブから腕がスラリ!美スタイルを披露した小松菜奈

 イベントではお悩み相談を実施。小松が選んだのは「写真を撮られるのが苦手」という内容だった。モデルとしても活躍する小松は「お仕事していても慣れないは、慣れない。でも、この映画で遣都さんと一緒に取材を受けて『向かい合って見つめ合ってください』と言われるんです。でも、役じゃないので照れくささもある。『どうしよう、ははは』の笑いを撮ってもらってます」と裏話をぶっちゃけていた。

 林も「写真は最初からずっと未だに苦手」と明かす。「菜奈ちゃんと並ぶと、周りの人たちに『素人がまぎれ込んでるぞ』と思われるぐらい…。そんなことをスタイリストさん、メイクさんと話すぐらい(小松が)ホントに決まる。いらないカットがない」と力説した。また、苦手な人に簡単な対処法も。自身は力んで顔に力が入ってしまうことが多いそうで「軽く口を開けてます。閉じすぎないように…」と柔らかい表情のワンポイントアドバイスをしていた。

 本作は、極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾(林)と、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙(さなぎ)ひじり(小松)のはかない恋物語となっている。イベントには、柿本ケンサク監督も登壇した。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。