柏木由紀、「脊髄髄内腫瘍治療」手術の成功を報告 リハビリ開始で「少しずつ歩くことも」(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

難病「脊髄空洞症」治療のため活動休止をしているAKB48・柏木由紀が、「脊髄髄内腫瘍治療」の手術を終え、無事に成功したことを28日、所属事務所の公式サイトで発表した。

【写真】柏木由紀、美しいウエディングドレス姿に 20代最後の大人っぽい花嫁姿

 公式サイトでは、「先日ご報告させていただきました柏木由紀の脊髄髄内腫瘍治療につきまして、先週6月25日に7時間以上に及ぶ手術を終え、無事に成功した旨、担当医より申し受けておりました。術後の状態が安定いたしましたので、本日ご報告申し上げます」と報告。

 また「現在リハビリも開始しており、少しずつ歩くこともできております」と報告し、「弊社としても全力でサポートして参りたいと存じます」と伝えている。

  柏木は今月3日放送の『主治医が見つかる診療所 芸能人“お悩み解決”人間ドックSP』(テレビ東京系)で人間ドックを初体験し、国指定の難病「脊髄空洞症」であることが判明。その後、早期手術と治療のためにしばらく休養することを発表し、7月開催予定のソロコンサートや8月31日のWACK所属アーティストとのコラボシングルのリリースを延期している。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。