柳楽優弥、三浦春馬さんのタフさに「追いつけなかった」 撮影時の思い出明かす(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

俳優の柳楽優弥と有村架純が6日、都内で開催された『映画 太陽の子』公開初日舞台あいさつに、黒崎博監督とともに出席。柳楽が、同作で共演した三浦春馬さんと川沿いを走るシーンを振り返り、「春馬くんの体力がタフで、僕がなかなか追いつけなかった」と明かした。

【写真】柳楽優弥&有村架純、全身ショット 『映画 太陽の子』公開初日舞台あいさつの様子

 本作は、太平洋戦争末期に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基に、時代にほんろうされた戦時下の研究者の苦悩と青春を描く群像劇。極秘任務に携わる科学者・修を柳楽、修とその弟がほのかな思いを寄せる幼なじみの世津を有村、修の弟で心に傷を負った軍人・裕之を三浦さんが演じる。

 柳楽は、有村、三浦さんとの共演に「本当にたくさん思い出があるんですけれども、撮影していない時も距離感が役柄に似ている感じで、印象に残っていることはたくさんあります」としみじみ。「中でも、川沿いを僕と春馬くんが走っているシーンは春馬くんの体力がタフで、僕がなかなか追いつけなかったというのが、キャラクターとリンクして好きなシーンですね」と三浦さんとの思い出を語った。

 すると黒崎監督は「春馬くんは体力が無限にあるのかなってくらいでした。3テイクくらい撮った時に、ずっとタフに演じ続けてくれていた柳楽くんも『もう無理っす』っていうくらい」と、そのシーンの過酷さと三浦さんのタフさを明かした。

 また有村は「現場はとても温かい方たちばかりで、穏やかな雰囲気のなか撮影が進んでいった印象です」と回顧。柳楽については「一緒に現場で過ごしていて思ったのが、柳楽さんはとても周りを巻き込む力が強い方。自ら能動的に動いてっていうよりも、いるだけで周りが柳楽さんの中心に吸い込まれていく。空気が変わるってこういうことなんだなと思いました」と印象を語る。

 三浦さんについては「春馬さんはそれとは違って、すべて調合してまた新しいものを作ってくれるっていう雰囲気。みんなが気持ちよく場が流れていくというか、そういう空気を作れる役者さん」と振り返り、「2人とも素敵な役者さんなんだなと感じました」と2人の俳優を称賛した。

 『映画 太陽の子』は、全国公開中。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。