柿澤勇人「いつか海外に進出できるような作品に」ミュージカル『東京ラブストーリー』(チケットぴあ)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:チケットぴあ

ミュージカル『東京ラブストーリー』の製作発表会見が2022年8月2日(火)、東京都内で行われた。

柿澤勇人「いつか海外に進出できるような作品に」ミュージカル『東京ラブストーリー』

原作は、日本のみならず、アジア諸国で今もなお絶大なる人気を誇る漫画『東京ラブストーリー』(作:柴門ふみ、小学館『ビッグスピリッツコミックス』刊)。原作はバブル時代の東京を舞台としているが、ミュージカル版では設定を2018年春から19年春という設定に置き換え、オリジナルのキャラクターも登場する。コロナ禍前、希望を持って東京で暮らす完治、リカ、三上、さとみの4人を中心とした恋愛模様を描いていく。

本作は〈空キャスト〉と〈海キャスト〉の2チームで上演される。

〈空キャスト〉として永尾完治役を演じる柿澤勇人は「ミュージカル化すると聞いたときに、不安とかそういうことではなく、どうなっちゃうんだろうというワクワクがあった」と話す。柿澤は、自身が出演した『デスノート THE MUSICAL』での成功を引き合いに出しながら、「この『東京ラブストーリー』をまずは日本で成功させて、いつか海外に進出できるような作品にしたい」と気合を見せていた。

〈海キャスト〉として同じく完治役を演じる濱田龍臣は「本当に緊張してて、今も頭が真っ白」と話すなど、会見では終始緊張していた様子だったが、「令和の今の時代だからこそ見せられる『東京ラブストーリー』になっていると思う。自分自身まだまだ未熟な部分が多いので、完治と一緒に歩んで成長していきたい」。

和賀夏樹役の高島礼子は、原作漫画やドラマがヒットした頃を振り返りつつ、「デビューして間もない頃で、仕事にも恋愛にも何か思い悩んでいたときだったが、この『東京ラブストーリー』にすごく力をもらった記憶がある」。そして「年齢問わず絶対に楽しんでいただける作品。多くの人に当時私が受けた感動を伝えられたら」と語っていた。

音楽はジェイソン・ハウランド、脚本・歌詞は佐藤万里、演出は豊田めぐみ。そのほか、笹本玲奈、廣瀬友祐、夢咲ねね(以上、空キャスト)、唯月ふうか、増子敦貴、熊谷彩春(以上、海キャスト)、綺咲愛里らが出演する。東京公演は2022年11月27日(日)~12月18日(日)、東京建物BrilliaHALL。大阪公演は12月23日(金)~25日(日)、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ。愛知公演と広島公演の詳細は今後発表される。

取材・文・撮影:五月女菜穂

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。