“桜姫”も咲いた!岡田紗佳、オーラス逆転トップで笑顔も満開「防振り」ならぬ「攻振り」/麻雀・Mリーグ(AbemaTIMES)

出典元:岡田紗佳のダブルピース

大きな瞳をひときわ大きくして、少女のような笑顔を見せた。Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ・3月26日の第1試合で、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)がオーラスに3着から一気にトップとなり、チームは5勝目、自身はセミファイナル初勝利を収めた。

【映像】岡田紗佳が勝利で笑顔

 この対局は起家から岡田、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)の並びでスタート。

 岡田は東1局に7800点のツモアガリで先制するも、その後はほぼ勝負手が作れず、相手のテンパイとぶつかりあうことすら難しい展開。その中で冷静に失点を抑え、満貫をツモればトップになれる3着目で、オーラスを迎える。

 並べた配牌はほとんどバラバラ。本人も「3着か、ラスか…」と覚悟を決めたが、ツモはどんどんピンズに寄り、さらには赤5筒も引いて条件が足りるテンパイへたどり着く。ほどなく北をツモり、これが發・ホンイツ・赤の8000点のアガリで逆転トップ、セミファイナル初勝利を獲得した。

 試合後、卓から離れると岡田は喜色を隠さず、カメラに向かってダブルピース。インタビューでも終始笑顔で、快勝を喜んだ。

 チームはアニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」がスポンサーとなっているが、この日の岡田は指示により「ビシバシモード、攻撃に全振り」で戦いに挑んだと語り、見事に逆転勝利を決めた。

 チームメイトでは、沢崎誠(連盟)が「防振り」スタイルで戦うことに対して、岡田は「攻振り」。そして岡田は、この日は「あまり攻める場面がなかった」としつつも、開局から前に出られる手では恐れずリーチ、最後も高打点の仕掛けを決め逆転と、メリハリの利いた攻めの麻雀を成功させた。

 インタビュー最後には、岡田は自ら「絶好調」と語り、ファイナルに行けたらまた攻め続けて勝つと宣言した。終始ご機嫌、サクラリップでピンク色に映える笑顔にファンからは「おかぴ上手かった!」「可愛すぎるやろ!」と絶賛のコメントが投稿された。

 今年度から参戦の最年少Mリーガー岡田も、ここまで半年の戦いを経て明らかに「場慣れ」した雰囲気があり、堂々と卓につき、実力を披露している。

 ベテランエースの沢崎、若手のホープ内川幸太郎(連盟)、そしてこの日の岡田でチーム全員がプラスとなった。サクラの季節がいよいよ到来、ファイナル進出へ向けて岡田がチームに弾みを付けた。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。