森戸知沙希、モーニング娘。を卒業 ハロプロで過ごした約7年半は「愛おしくて忘れられない私の宝物」<卒業コメント全文>(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

モーニング娘'22が20日、東京・日本武道館で『モーニング娘。'22 CONCERT TOUR ~Never Been Better!~ 森戸知沙希卒業スペシャル』を開催。約9000人を前にメドレー含む全27曲を披露したステージで、約7年半にわたり在籍したハロー!プロジェクトでのアイドル生活 に終止符を打った森戸は「カントリー・ガールズとして過ごした時間も、モーニング娘。として過ごした時間も愛おしくて忘れられない私の宝物です」と涙ながらに感謝を伝えた。

【写真】真っ白なドレスで卒業セレモニーを行った森戸知沙希 「モーニング娘。'22 CONCERT TOUR ~Never Been Better!~ 森戸知沙希卒業スペシャル」フォトギャラリー

 森戸は2014年11月、カントリー・ガールズの新メンバーに選出され、ハロー!プロジェクトへ加入した。2017年6月にモーニング娘。’17(当時)との兼任を発表し、2019年12月のカントリー・ガールズの活動休止後は現グループの専任メンバーとして活躍。2月に海外留学を理由に、グループ及びハロー!プロジェクトからの卒業を発表した。

 オープニングSEを受けて、紹介VTRと共に1人ずつスポットライトを浴びながら登場した13人のメンバー。グループは幕開けを飾った「青春Night」から力強さを見せ付け、立て続けに「One・Two・Three(updated)」「Teenage Solution」を披露した。

 MCで、リーダー・譜久村聖に公演の意気込みを聞かれた森戸は「卒業発表してから今日までが本当にあっという間で、ついに来たかという感じ」と吐露。「この13人体制をしっかり目に焼き付けていってもらえるように、しっかり最後まで楽しんでいきたいと思います」と力強く宣言すると、客席からは盛大な拍手が巻き起こった。

 パフォーマンスへ戻り、森戸の最後の参加シングル曲「Chu Chu Chu 僕らの未来」に続く「邪魔しないで Here We Go!」の曲中では、森戸が歌いながら北川莉央と背中を合わせ、「愛してナンが悪い!?」の曲中では、メンバーが鋭い表情でラップを歌い上げる。

 イントロのリズムに乗せて客席に手拍子が響いた「笑顔YESヌード」、「純情エビデンス」「ビートの惑星」を立て続けに披露してMCへ。野中美希、加賀楓、森戸、山崎愛生(※)の4人は仲むつまじく、軽快なかけ合いを見せた(「さき」は正式には「たつさき」)

 様々なメンバーの組み合わせでパフォーマンスを繰り広げた「しょうがない 夢追い人」「恋人には絶対に知られたくない真実」「愛され過ぎることはないのよ」に続いて披露した「I WISH」の曲中では、グループのオフショットを映したVTRがスクリーンに流れた。

 BGMに乗せて踊る森戸のソロダンスから流れるように始まったのは、ノンストップメドレー。「よしよししてほしいの」「ジェラシー ジェラシー」「Are you Happy?」「TIKI BUN」「Moonlight night~月夜の晩だよ~」に続く「ロマンスに目覚める妄想女子の歌」の曲中では森戸と岡村ほまれが笑顔で固く抱き合い、サブリーダーの石田亜佑美が客席を力強く鼓舞した「What is LOVE?」まで、多彩な楽曲を次々とパワフルに歌い上げた。

 MCを挟み、「SEXY BOY ~そよ風に寄り添って~」に続く「このまま」の冒頭では、岡村が「森戸さん。大好きー!」と元気よく叫び、「恋愛Destiny~本音を論じたい~」を歌い上げてからのMCでは1人ずつ公演を振り返り、森戸以外のメンバーは、彼女の卒業に向けた思いを語った。

 語りながら涙を浮かべた岡村は、言葉を詰まらせながら「森戸さんのおかげですごく強くなれたなっていう部分があるので、森戸さんがいなくなっても精一杯頑張りたいと思います」と宣言。

 本編中盤で披露した「笑顔YESヌード」は「モーニング娘。に加入して初めてのハロー!プロジェクトのコンサートで披露した思い出の曲」と明かした森戸は、当時を振り返りながら「不安そうな顔して踊ってた子がですね、今となっては『ちゃんとモーニング娘。なんだ』って自分で意識を持ちながらパフォーマンスできるようになっていて、すごくうれしいなって踊りながら思いました」と笑顔で伝えた。

 途中で涙を浮かべた石田は「ちぃ(森戸の愛称)に出会えたことが私の人生にとって本当に宝物です」と伝え、石田と同じくサブリーダーの生田衣梨奈は「森戸が卒業して留学から帰ってきたあとも楽しみだなって思いますし、森戸の今後の活動も全力で応援するので頑張ってください」と森戸へのエールを送った。
 
 譜久村は「ちぃと過ごした5年間は、本当に本当に宝物です」と吐露。「ちぃは可愛いしかっこいいし、尊敬するし特別だし、愛しいし!」と笑顔で伝え、「ちぃがいないと無理なんじゃないかなって思わせられるくらい、本当にたくさん助けられたし、大切に思っています。そしてこの5年間をそういう風に感じられたのは、ちぃの努力だったりとか、頑張りがあったからこその5年間だったと思います。本当に私たちと、モーニング娘。と出会ってくれてありがとう」と感謝した。

 本編のラストを飾ったのは、森戸の最後の参加シングル曲「大・人生 Never Been Better!」。メンバーの姿が見えなくなった会場の客席は、森戸のメンバーカラーである白いサイリウムの光に包まれ、アンコールを待つ手拍子が響き渡った。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。