横浜流星、ギャンブラー役で覚悟の銀髪「自分にとっても挑戦的な作品」 『嘘喰い』映画化(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

俳優の横浜流星が、ジャパニーズホラーの名手・中田秀夫が監督する映画『嘘喰い』(読み:うそぐい/2022年2月公開)に主演することが決定し、銃口を向けられながらも不敵かつミステリアスな眼差しと銀髪・白スーツが印象的なティザービジュアルが解禁された。銀髪に染めた横浜は「自分にとっても挑戦的な作品。原作を読んで銀髪がトレードマークな役どころだったので、維持が大変なんですが実際に銀髪に染めました」と覚悟を語っている。

【写真】まるで彫刻!露天風呂でバキバキの背筋を披露した横浜流星

 2006年から18年まで「ヤングジャンプ」(集英社)で連載され、コミックスは49巻まで発売された迫稔雄氏の同名ギャンブル漫画が原作。イカサマも殺しも何でもありな、騙し合いゲームがスクリーンで開幕する。

 横浜が演じるのは、通称「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)。日本の闇社会を牛耳る組織・会員制の倶楽部賭郎(くらぶかけろう/日々、巨額な金を賭けたギャンブルを仕切り、ルールを決め敗者の死に方を用意する最高峰の賭け場)の頂点を目指していく。彼の目的・私生活は謎。仕掛けられたイカサマや嘘を見破り、数々のゲームに挑んでいく。

 中田監督は、1998年公開の映画『リング』が社会現象になり、近年も『スマホを落としただけなのに』(2018年)、『事故物件 怖い間取り』(20年)と緊張感MAXの恐怖体験を送り出している。

 初めての中田組に、横浜は「監督とはクランクイン前に何度もお会いして、作品についてこれでもかってくらい話し合うことで、お互いの方向性が確認できましたし、そこで信頼関係ができたと思います」と明かしており、中田監督も「横浜流星くんとは『それでも貘はピンチを飄々と潜りぬけ』、『相手の嘘を(喰い)見破りながら、勝つときはこの上ないエグい勝ち方をする』そのカタルシスを大事にしましょうと話し合いました」と手応えを感じる。

 撮影を経て、中田監督は横浜に対し、「自分の考えをしっかりと持って作品の準備に臨み、いざ撮影が始まるとこちらの用意した世界に全身で飛び込んできてくれて本当に楽しかった」とねぎらった。

 横浜は「一度もギャンブルをした事ない僕に、天才ギャンブラーの役を演じることができるのか不安でしたが、大事なのはそこだけじゃなく、貘は、飄々としていて絶対的な自信がある男。華があり周りを巻き込み引き込む力があるとても魅力的な人間。何もかも僕とかけ離れていますが、まずは自信を持って、そこに隠れる狂気や野心をバランスよく、でもエモーショナルに出来たらと思い、貘として嘘喰いの世界を生きました」と手応えを語っている。

 また、原作者の迫氏もコメントを寄せ、映画公開に合わせて「嘘喰い特別連載を執筆中」であることを明かしている。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。