橋本環奈、爽やかなポニーテール姿を披露 『小説の神様』佐藤大樹との激アツテニス写真解禁(クランクイン!)

出典元:クランクイン!

EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と女優の橋本環奈がダブル主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』より、立場も性格も全てが真逆な2人がテニスでダブルスを組んで熱い戦いを見せるシーンの場面写真が公開された。

【写真】笑顔でラケットを振る橋本環奈、佐藤大樹のジャンプシーンも『小説の神様』場面カット

 作家・相沢沙呼による人気小説『小説の神様』(講談社タイガレーベル刊)を映画化する本作は、ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本)の何もかもが真逆の2人が、”一緒に大ベストセラーを生み出す”という共作ミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める青春ストーリー。

 中学生で作家デビューしたものの、作品は酷評され、自分を見失い思い悩む高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者で、ドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。そんな、性格、クラスでの立ち位置、売り上げ、すべてが真逆の2人に編集者から下されたミッションは、2人で協力し1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

 今回解禁された場面写真は、一也と詩凪が力を合わせてテニスのダブルスの試合をするシーン。小説の取材をするためにテニス部へと訪れた2人は、ダブルスを組んで部員と対決することに。決して目立つタイプではない不器用な一也と才色兼備な詩凪の真逆な2人が真剣に勝負に挑む姿は、大ベストセラー小説を書き上げるため全力で共作に挑む2人を象徴する印象的なシーンとなっている。また、試合終わりに一也と詩凪がお互いに拳を向合いポーズを決める青春ショットも公開。

 2018年公開の映画『マーマレード・ボーイ』でもテニス部のエース・須王銀太を演じた佐藤が、抜群の運動神経を存分に生かした華麗な姿を披露。橋本も、テニスの試合中とは思えないさわやかすぎる笑顔で、“学校一の美少女”と言われる詩凪にふさわしい可憐な姿を見せている。

 映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、10月2日より全国公開。

【広告】

【ボムBTサプリ】



1ヶ月に一回のお届け定期便を開始!
毎回15%OFFでお得に続けられる。


コメントは受け付けていません。