水島精二最新作「フラ・フラダンス」は12月3日公開!美山加恋、前田佳織里、陶山恵実里、富田望生が新人ダンサー役(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

フラダンスをテーマにしたオリジナル劇場アニメ「フラ・フラダンス」の公開日が12月3日に決定し、美山加恋、前田佳織里、陶山恵実里、富田望生の出演が明らかになった。4人が演じるキャラクターの声を収録した特報映像や、ティザーポスターも公開されている。

 「機動戦士ガンダム00」や「BEATLESS」で知られる水島精二が総監督を務める同作は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の支援を目的に、フジテレビが音頭をとる「ずっとおうえん。プロジェクト 2011+10…」の一環として製作されるオリジナルアニメ。福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズを舞台に、夏凪日羽(なつなぎひわ/CV:福原遥)をはじめとするダンシングチーム・通称「フラガール」の新入社員たちと、彼女たちを取り巻く人々との絆を描く。

 今回発表されたキャストは、いずれも日羽の同期となる新人フラガールを演じる。美山はストイックな実力派の鎌倉環奈役、前田はハワイ出身でマイペースなオハナ・カアイフエ役を担当。踊るのは大好きだが笑顔が苦手な白沢しおんを陶山、明るいムードメーカーの滝川蘭子を富田が演じる。美山、前田、陶山はいずれも「アイカツ!」シリーズの出演経験者で、富田は長編アニメ映画での声優は今回が初挑戦となる。そのほか、いわき市長の清水敏男氏も、あるシーンで日羽たち新人ダンサー5人にエールを送る、スパリゾートハワイアンズの従業員役で出演する。

 美山は「今回演じさせていただいた鎌倉環奈ちゃんと同じく私もフラダンス経験者ですが、改めてフラはいろんな人の心を繋げてくれる素敵な踊りだと感じました」とフラダンスの魅力を語り、富田は「ひとりの女の子の大切な人生を、声だけで寄り添うことは、頭で考えるとなかなか難しいものでしたが、“見覚えのある情景”や、“私とフラダンスとの思い出”を重ね合わせることで、匂いまで感じられたかのようなアフレコでした。アニメーションって楽しい……!」と初めての収録を振り返った。

 特報映像は、日羽の「新入社員、夏凪日羽。わたし、フラを仕事にします」というナレーションからスタート。新人フラダンサー5人のほかにも、マネージャーの平和人(山田裕貴)や、先輩社員の鈴懸涼太(ディーン・フジオカ)が登場する。ティザーポスターには、大輪のひまわりが咲き誇るなかにたたずむ日羽の姿が描かれている。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。