水田航生が昭和ロックに青春を捧げたバンドマンに(チケットぴあ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:チケットぴあ

森雪之丞、河原雅彦、亀田誠治という強力なスタッフ陣で贈る、ロック☆オペラ『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー~The Pandemonium Rock Show~』。9月の開幕を前に、キャストのひとりの水田航生に話を訊いた。

水田航生が昭和ロックに青春を捧げたバンドマンに

今回と同じく、森が作・作詞・楽曲プロデュースを手がけた『怪人と探偵』(2019)にも参加している水田。森作品の魅力を、こう語る。「口語的ではないというか、詩的な言葉選びがとても新鮮だと思いました。作品として魅力的なのはもちろん、雪之丞さんご本人のお話がとにかく面白いんですよ。当時から雪之丞さんのロック愛は感じていましたが、それが今回もプロット段階から至るところに散りばめられていて! ただ僕は昭和ロックサウンドについてまだまだ勉強不足で、ト書きのひと言からしてわからない(笑)。なのでこれからいろいろ下調べをして、当時のミュージックシーンについて深掘りしていけたらなと思います」

1966年から80年代を舞台に、昭和ロックサウンドを巡る若者たちの葛藤や成長を描き出す本作。水田は、中山優馬演じる楠瀬涼とともに、ロックバンド「THE REASON」を結成する山下勝也を演じる。「山下はバンドのリーダーで、ギタリストという役どころです。普段僕は完全に弟分キャラなんですが(笑)、今回は稽古の段階からリーダーらしく、頼りがいのある男にならないとなと思っていて。さらに客観的な目もありつつ、ロックに熱い。そんなリーダー像を意識していきたいですね」

演出を手がけるのは、近年引く手あまたの河原。「河原さんの作品はいろいろ観させていただいてますが、繊細な部分はもちろんありながら、どちらかと言えば豪快なイメージの方が僕は強いです。あといつも笑っていらっしゃるイメージ。稽古場では怖いらしいですけど……。ただ僕は喧嘩上等でいく予定なので! あっ、もちろん喧嘩がしたいわけではなく(笑)、自分が腑に落ちないことを、いい子ぶって『わかりました』とは言いたくないというか。お互いに納得いくまで話し合いたいですし、そういう関係性を河原さんともつくっていけたらなと思います」

さらに音楽の亀田が、公演の全楽曲を書き下ろす。「亀田さんの音楽、もう間違いないですよね(笑)。以前『カノジョは嘘を愛しすぎてる』という映画に出演した時、亀田さんが音楽プロデューサーをされていたのですが、デモの1曲目を聞いた瞬間衝撃が走って!本作の楽曲も必ずや素晴らしいものになると思うので、今から本当に楽しみです」

取材・文:野上瑠美子

【広告】 <strong>更年期?</strong>

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントは受け付けていません。