永野芽郁&菜々緒「地獄の花園」“世界をまたにかけた”続編熱望!「大人たちに圧をかけておこうかな」(映画.com)

出典元:映画.com

バカリズムが脚本を手がけ、喧嘩で派閥争いを繰り広げるヤンキーOLたちの世界を描いた「地獄の花園」の祈願イベントが5月4日、東京・新宿の花園神社で開催され、永野芽郁と菜々緒が参加した。

【フォトギャラリー】「地獄の花園」祈願イベントの模様

 ごく普通のOLライフに憧れる直子(永野)の職場では、OLたちが日々喧嘩に明け暮れ、テッペンを目指している。ある日、カリスマヤンキーOL・蘭が中途採用されたことをきっかけに、直子の会社は全国のOLたちから狙われることになる。永野と菜々緒のほか、広瀬アリス、川栄李奈、「森三中」の大島美幸、遠藤憲一、小池栄子らが共演した。

 永野と菜々緒は、芸能にゆかりがあり、タイトルにもある「花園」を冠した花園神社で、映画の大ヒット祈願を行った。永野は「大ヒットももちろんですが、いま上映されている映画も多いなかで、すべての劇場が開いているわけではないので、全国の劇場が無事に開いて、そこで『地獄の花園』を見て笑って頂けたらなとお願いしました」と語った。

 この日は絵馬の形をしたパネルに、それぞれのお願いを書いて発表した。永野は「続編」という言葉を掲げ、「これは、個人的な願いが強め。大人はまだ全然『続編やりましょう』と言ってくれていないので、ここでいま圧をかけておこうかなと思って(笑)」と、笑い交じりに明かす。続けて「現場で菜々緒さんが、『本当に面白いから、続編は国をまたいでできたらいいよね』という話をされていましたよね。私もキャストを代表して願っているので、大人がどう動いてくれるのか、楽しみですね~」といい、菜々緒を笑わせていた。

 さらに、ふたりの続編トークはヒートアップ。続編のイメージを問われ、永野は「本作は日本のOLの話だけど、『OLとは違う業種の人が出てきても面白いよね』と、勝手に身内で盛り上がっていました。世界中のOLを倒していくのも面白いですよね」と声を弾ませた。菜々緒も「続編については撮影中に話していたので、私も同じ気持ちですね」と、力強く賛同していた。

 本作は、永野と菜々緒にとって、様々な“初挑戦”があったという。菜々緒はOLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役を務め、自身初のコーンロウや奇抜なメイクで、個性的なビジュアルを作り上げた。「衣装合わせやメイクテストの時に、(自分のビジュアルを見て)『大丈夫かな』と不安だったんですが、エンケン(遠藤)さんや大島さんを見た時に、『これじゃ弱いんだ』と分かりました。それで、自分からメイクの提案をしました」と笑顔を浮かべる。

 一方の永野は暴言を吐き、喧嘩で人を殴り飛ばしていくシーンに挑戦。「本当に大きな声を出すのが苦手で、『無理です』といいながらも頑張りました。暴言はイントネーションがちょっとずれるだけで、なまっているように聞こえてしまって。あとは唾を吐いたり、血を吐いたりしても、関和亮監督から『全然吐けてない』と言われて、『だって、吐いたことないですもん……』という感じでした(笑)」と振り返る。そして「凶暴な姿、今までとは違う姿をお見せできたかなと思います」と自信をのぞかせた。

 「地獄の花園」は、5月21日に全国公開。

【広告】

女性用ふんどしショーツ

女性のキレイは【睡眠中のふんどし】が作るらしい!? 

「解放感が心地よくて、もう普通の下着に戻れない。」

という声が続出! 人気の秘密は?

↓  ↓  ↓



コメントは受け付けていません。