淀川長治さんが“映画愛”を語る「キネマの神様」テレビCM完成 「日曜洋画劇場」と豪華コラボ(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

松竹映画100周年を記念した山田洋次監督作「キネマの神様」と、テレビ朝日の「日曜洋画劇場」がコラボレーションを果たし、映画評論家の淀川長治さんの姿をおさめたテレビCM(https://youtu.be/rXFBFm5Mm_U)が、本日8月3日から放送されることがわかった。

【フォトギャラリー】豪華キャストが集結した「キネマの神様」場面写真

 2017年に放送を終了した「日曜洋画劇場」で、1998年までの約32年間にわたり映画解説を担い、映画の素晴らしさを伝え続けてきた淀川さん。このほど、「映画の面白さを改めて伝えたい」という松竹の強い思いに、淀川さんサイドが賛同し、テレビ朝日の全面協力のもとCMが製作された。

 CMでは、淀川さんの膨大なアーカイブ映像のなかから選ばれた、「魂のこもった映画でしたね」「見事な人間愛が出ましたね」、そして「映画は何でも教えてくれますね」というコメントが使用されている。映画愛で結びついたコラボ映像は、見る人に懐かしさとともに「自分にとって映画とはどんな存在か」を考えさせる仕上がりとなった。

 今回のコラボについて、松竹の担当者は「誰よりも映画を愛し、日本中に映画の面白さを教えてくれた、映画の伝道師である淀川長治さんのお言葉をお借りすることができて嬉しく思います。淀川さんの言葉を聞いて、久しぶりに映画を見ようという気持ちになってもらえたらこの上ない喜びです」とコメントを寄せた。

 「キネマの神様」は、山田監督が小説家・原田マハ氏の同名小説(文春文庫刊)を原作に、映画を愛し夢を追い続けた男・ゴウの青春や家族の有り様を、時代を超えて描く物語。沢田研二と菅田将暉をはじめ、永野芽郁、宮本信子、野田洋次郎、小林稔侍、北川景子、寺島しのぶら豪華俳優陣が共演する。

 「キネマの神様」は、8月6日に全国で公開。

コメントは受け付けていません。