渡辺えり・キムラ緑子らが再集結!「有頂天作家」京都・東京で上演決定(ステージナタリー)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ステージナタリー

「喜劇名作劇場 恋ぶみ屋一葉『有頂天作家』」が、来年1・2月に京都と東京で上演される。

「有頂天作家」は、2015年上演の「喜劇 有頂天旅館」から続く、渡辺えり&キムラ緑子コンビによる“有頂天”シリーズの第4弾。同作は昨年3・4月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となった。2022年公演の出演者には、いずれも中止公演にキャスティングされていた渡辺えり、キムラ、大和田美帆、影山拓也(IMPACTors / ジャニーズJr.)、長谷川純、瀬戸摩純、春本由香、宇梶剛士、渡辺徹が名を連ねている。

花街で働く女性たちのための代筆業を営む前田奈津(キムラ)はその昔、加賀美涼月(渡辺徹)と共に小説家になる夢を追っていた。奈津は小説家の道を諦めるが、人気作家となった加賀美とは良き相談相手として交流が続いている。あるとき奈津の親友・小菊(渡辺えり)が姿を現す。小菊はかつて芸者として加賀美と相思相愛だったが、ほかの男へ嫁ぎ、程なくして亡くなったはずだった。小菊の突然の登場に、奈津は封印していた本当の気持ちを思い出し……。

公演は来年1月15日から28日まで京都・南座、2月1日から15日まで東京・新橋演舞場にて。チケットの一般販売は京都公演分が11月28日10:00、東京公演分が12月18日10:00にスタートする。

■ 「喜劇名作劇場 恋ぶみ屋一葉『有頂天作家』」
2022年1月15日(土)~28日(日)
京都府 南座

2022年2月1日(火)~15日(火)
東京都 新橋演舞場

作・演出:齋藤雅文
出演 : 渡辺えり、キムラ緑子、大和田美帆、影山拓也(IMPACTors / ジャニーズJr.)、長谷川純、瀬戸摩純、春本由香、宇梶剛士、渡辺徹 ほか

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。