無名時代のデビッド・ボウイとジギー・スターダスト誕生描く「スターダスト」ポスター&予告編公開(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

カルチャー・アイコンとして知られるデビッド・ボウイの若き日の姿と、彼の別人格である“ジギー・スターダスト”誕生を描いた伝記「スターダスト」のポスタービジュアルと予告編が公開された。

【動画】「スターダスト」予告編

 デビッド・ボウイの若き日の姿と、彼の最も有名な別人格「ジギー・スターダスト」誕生の裏側を描いた伝記映画。1971年、3作目のアルバム「世界を売った男」をリリースした24歳のボウイはイギリスからアメリカへ渡り、マーキュリー・レコードのパブリシストであるロン・オバーマンとともに、初の全米プロモーションツアーを開始。しかし彼は自分が世間に全く知られていないこと、そして時代がまだ自分に追いついていないことを知る。ベルベット・アンダーグラウンドやアンディ・ウォーホルとの出会いなど、アメリカで多くの刺激を受けるボウイ。一方、兄の病気も彼を悩ませていた。

 ボウイ役を演じたのは、「ブルックリンの恋人たち」への出演やミュージシャンとしても活躍するジョニー・フリン。「大統領暗殺」のガブリエル・レンジ監督がメガホンをとった。

 このほど公開された予告編は、1971年にジョニー・フリン演じるボウイがイギリスから初めてアメリカを訪れ、ワシントンD.Cの空港に到着したシーンから始まる。検問で名前を聞かれるが“デビッド・ボウイ”の名はまだ知られていない。また、「このアルバムは伝説となる。きみが死んだらな」というマネージャーのセリフや、「変人のフリだろ?」「悲惨、憂鬱、不可解」という声が収められており、当時はまだ世間に理解されていなかったことが伝わってくる。一方で、マーキュリー・レコードのオバーマンが「ひとりでもきみの曲を信じれば、世界は変えられる」とボウイに語りかけるシーンでは、ふたりによるロードムービーの要素も覗かせている。

 「スターダスト」は、10月8日からTOHOシネマズ シャンテで公開。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。