父に送ったメールの内容も判明。メーガン妃の英メディア提訴で明らかになった事実(ELLE ONLINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:GETTY IMAGES

ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式を前に、世間の大きな注目を集めたのは、同妃と父トーマス・マークルの関係だった。父親が娘の結婚式に出席しないことが明らかになったためだが、実際には舞台裏では、何が起きていたのだろうか? その詳細が、裁判所に提出された書面から明らかになった。

メーガン妃はイギリスのタブロイド紙『メール・オン・サンデー』とその親会社アソシエイテッド・ニュースペーパーズをプライバシーと著作権の侵害、「2018年データ保護法」違反で提訴し、損害賠償を求めている。審理は4月24日(現地時間)から開始され、原告、被告とも裁判所に出廷することなくリモートで行われる。

公開された書面は、ヘンリー王子とメーガン妃が結婚式の直前、トーマスに送ったメールの内容を明らかにするものとなっている。それらの中には、感情的な言葉も含まれている。

ヘンリー王子は2018年5月14日(結婚式の5日前、トーマスがパパラッチのやらせ写真の撮影に協力していたことが暴露された2日後)、次のようなメッセージを送っていたという。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。