現役医師・南杏子の最新作「いのちの停車場」が映画化 現代医療制度のタブーに切りこむ(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

[映画.com ニュース]現役医師・南杏子氏の小説「いのちの停車場」(幻冬舎刊、本日5月27日発売)が、配給大手の東映により映画化されることが発表された。現代医療制度の問題点や、尊厳死や安楽死などのタブーに切りこむヒューマンドラマを紡ぐ。

 南氏は都内の終末期医療専門病院に医師として勤務するかたわら、2016年に現代の終末期医療の在り方を問うミステリー「サイレント・ブレス」で作家デビューを果たした。18年には日本医療界の現実をえぐりながら、医師たちの成長と挫折を描いた「ディア・ペイシェント 絆のカルテ」を発表。同作はNHKで貫地谷しほりが主演を務めドラマ化されるなど、話題を呼んだ(現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、放送が延期されている)。

 注目を集める南氏の最新作「いのちの停車場」は、日本の長寿社会にスポットを当て、現代医療制度の問題点やタブーに正面から向き合う医師や患者、その家族の姿を描き出す。東映が各社との争奪戦を制し、映画化権を獲得。監督やキャストは、後日発表される予定だ。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。