発達障害テーマのEテレ『でこぼこポン!』、当事者のリアルを反映「特性の背景は生の声を聞かないと分からない」(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

鳥居みゆきが出演することで話題になった、“発達障害”をテーマとした特別支援教育番組『でこぼこポン!』(NHK Eテレ)。4月よりレギュラー番組化し、その内容は「人との関わり方や人の気持ちを理解する参考になる」「楽しく生きることへのヒントがある」など、大人が見ても学びがあると反響を呼んでいる。どのような意図で番組制作にいたったのか、同番組のディレクター岩田大輔氏に話を聞いた。

【漫画】「子どもと意思疎通が取れず苦しい…」保護者が悩む子どもとのコミュニケーション

■鳥居みゆき起用の決め手は千差万別の特性を演じ分ける力と笑いの力と瞬発力

 同番組は発達に「でこぼこ」がある子どもたちにとって、よくありがちなシチュエーションやそのサポート方法を描いたドラマをメインに、ゲームや体操などのコーナーも盛り込まれている。ドラマは、じっとしているのが苦手な発明家“でこりん”(鳥居みゆき)、集中すると人の話が耳に入らなくなる“ぼこすけ”、言葉を話す不思議な生き物“ポン”(声:河合郁人)の3名のやりとりで展開。番組スタート時には、でこりんを演じた鳥居みゆきのインパクトが強く、「あの鳥居みゆきがNHKに!?」「子どもと会話をしている」とSNS上で大きな話題となった。ディレクターの岩田氏は、キャスティングの意図について「奇をてらったとか、予想外のキャスティングを意図したということはまったくなく、番組の内容や狙いを考えていたら、自然と鳥居さんの名前があがりました」と振り返る。

「ドラマは、発達が気になる子たちへの取材を元に制作していますが、一口に“発達が気になる”といっても、すぐに動き回ってしまう子もいれば、人とのコミュニケーションがとりにくい子など、その特性は千差万別です。演者には幅広く演じ分けられる力が重要でした。さらに、基本的に真面目な番組なので、笑いの力も欲しかったですし、10分間という短い放送時間の中で一瞬にして子どもの心をつかめる瞬発力も欲しかった。これを全部叶えてくれる人っているんだろうかと考えた時、思い浮かんだのが鳥居さんでした。実際、演じていただいていて、想像以上にハマっているなと感じています」

 岩田氏は、発達が気になる子どもたちが学校や社会生活の中でつまずきやすい事柄を題材に、解決する手立てを紹介した『スマイル!』に携わったことをきっかけに、Eテレの特別支援教育番組の制作に参与。 『でこぼこポン!』を企画したのは今から3年前のことで、そこには2つの動機があったという。

「ひとつは2018年に、NHKが『発達障害って何だろう』をテーマに、様々な番組で発達障害についてお伝えするキャンペーンを行ったことでした。参加する中で、発達障害に関する認知が社会全体の中で高まってきていることを感じつつも、もっともっと当事者の子どもたちへの支援が必要だと感じ、役に立つ番組を作りたいと考えました。

 もうひとつは、発達障害に対する認知が高まる一方で、まだまだ正しい理解がなされていない部分が残っているなと感じたことでした。発達障害は見た目からはわかりにくいことが多く、例えば、本人は悪気がなく、自分の感じたままに行動しているのだけれど、周囲からは、さぼっているとか、衝動的でわがままなどと誤解を受けることが多々あります。ですから、番組を通して、当事者が実際はどう考えているのかを広く知ってもらうきっかけを作れればと考えました」

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。