石田ひかり、佐野勇斗は「素直ないい息子」 又吉原作「凜」プレミア上映(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「ピース」又吉直樹による舞台作品を、佐野勇斗(M!LK)と本郷奏多のダブル主演で映画化した「凜」が4月22日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映された。出演の石田ひかりと椿鬼奴、池田克彦監督が、那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。

 同作は、「100年に1度、村から子どもが消える」という神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした青春群像サスペンス。高校生たちが“仲間が消える”という不思議な現象に脅かされる姿を描いた。不思議な雰囲気を持つ東京からの転校生・天童(本郷)は、クラスメイトの野田(佐野)と穏やかな日々を過ごしていたが、友人が次々と姿を消したことで天童に疑いの目が向けられていく。原作を手掛けた又吉が脚本監修として参加している。

 池田監督が「完成したのが実は2日前。皆さんの前で流させていただけるのは、感謝の気持ちしかありません」と挨拶すると、会場からはどよめきが。野田の母親役を演じた石田も驚いた様子を見せながら、「こんな素敵な作品に読んでいただいて、とても嬉しく思っております」と池田監督に謝辞を述べた。

 開口一番「女優の椿鬼奴です」と自己紹介した鬼奴は、須賀健太扮する生徒の意地悪な継母役を演じ、「憧れの継母役をさせていただいて、光栄に思っております。撮影自体は1日だけで、全体像が見えないままただ意地悪な感じでやった」と暴露。それでも池田監督から「意地悪な感じ出てましたよ」と太鼓判を押されると、満足そうにほほ笑んでいた。

 またこの日、登壇がかなわなかった佐野から、ビデオメッセージが届けられた。初共演となった本郷について「ただただ優しくて、惚れてしまいそうなくらい大好きな先輩になりました」と語り、母親を演じた石田には「1日という短い期間でしたが、そのなかでたくさんおしゃべりさせていただいて、本当の親子のような関係になれたんじゃないかなと思います。ありがとうございました」と謝辞。石田も、「大学の話とかたくさんお話をしてくれて、素直ないい息子でした(笑)。何年か前にご一緒しているんですけれど、見違えるようなお兄さんになっていてびっくりしました」と佐野の成長を喜んだ。

 さらに、野田の友人役を演じた須賀健太は、東京から生電話で舞台挨拶に参加。撮影時を振り返り「川に入るシーンでウェットスーツを用意していただいたんですが、旧式のものですごく寒かった。こんな晴れの日に言うことではないんですが……」と困ったように告白し会場の笑いを誘った。池田監督は「あの日は朝9時まで大雪だったんですよね。雪かきをして、その状態で川に入ってもらったので、根性あるなと」と須賀の役者魂を称えていた。

 脚本について池田監督は、又吉との入念な打ち合わせを経て完成させたといい、「又吉さんもものすごく思い入れのある作品でしたので、何時間も話し合いをさせていただきました。おっしゃっていたのは、5人の高校生を全員それぞれ背景に抱えているものを、ひとりの人間としてしっかり描いてくださいということ。そこだけはブレさせないように心掛けました」と明かした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。