祝・明治安田J1連覇! 川崎F副将・登里が語った勝ち続ける理由(チケットぴあ)

【広告】生おせち料理 村上シェフ手作り重入3段重

◆─────────────────────────────◆  より良いおせちへ変貌してきました!

 大人向け、お酒に合う、お肉好きの生おせち

 今までにない、1段重はシェフの手作りが殆ど入るおせち♪

 「ロブスター サーロインローストビーフ」が入った豪華おせち  がなんと、15,980円、通常の3段重でしかも生冷蔵おせちときたら  本当にお買い得なおせちです。

  村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

 ★★某モールサイトで評価 4.3 を獲得★★

 ★★★★複数セット購入で最大1500円のクーポン付★★★★

◆─────────────────────────────◆

伝統的な日本料理を幅広い世代に食べやすくする為に、素材からこだわりオーナーシェフ「村上 元彦」完全オリジナル品を入れた和洋折衷のおせち料理です。

幅広いお客様に喜んで頂けるよう和洋折衷にし、完全オリジナル品を6品盛り込み、心を込めて手作りでお造り致します。

このおせちの「オリジナル」を確認してください、1段重の8割が村上シェフ自らの手作りです。他のおせちで監修おせちは沢山ありますが、 本当のこだわりをお届けできます。既製品とは間違えなく違う満足度がある逸品となります。

新鮮な生詰め冷蔵便でお届け致します。手作りの為、限定数量限りとなります。

 毎年撮影をし直して、手間とコストをかけてお客様の為に  丹精こめて作り上げます。

 お客様から不評を頂いたり、正直な感想を  頂く場合、翌年にはなるべくメニューを見直し入れ替え  ます。さらに、常に味の改善を行い、クオリティを高める  べく、国産材料や厳選素材を増やし、さらには1段以外の  オリジナル手作り品の手作りも投入すしています、こちらは  シェフではございませんが専門の職人の手作りです。   1品目 豊卵ふくさ焼   2品目 牛肉牛蒡巻き  本当に喜ばれるおせちづくりをしております!

 天然白木重箱ですが

 エコを重んじた重箱にしています。この白木ただの白木では  ございません、植樹から4年前後で成木となり、  無駄な森林伐採などの環境破壊を軽減するファルカタ材を  使っています。さらに天然木だからこそ土にかえる木材の  材料なので、これも安心して利用頂ける重箱となります。

■商品内容(全36品目)

【壱の重】 蟹とクリームのパイ包み ロブスター黄金焼き …  ★★シェフ手作り 鴨のパテ オレンジ風味 … ★★シェフ手作り サーロインローストビーブ … ★★シェフ手作り サワークラフト(紫キャベツ) … ★★シェフ手作り 豚肉のフロマージュテート(ゼリー寄せ) … ★★シェフ手作り 豚肩ロースチャーシュー … ★★シェフ手作り パプリカマリネ … ★★シェフ手作り

【弐の重】 鱈子旨煮、海老芝煮、豊卵ふくさ焼、牛肉牛蒡巻き、田作り、数の子風味漬け、いくら醤油漬け、若鶏明太ロール、若桃シロップ煮、 伊達巻、海老手まり寿司、手まり餅、あしらいそら豆、瀬戸のたこ姫

【参の重】 栗きんとん、焼き筍うま煮、椎茸旨煮、人参旨煮、きぬさや、蛸のバジルソース、ぶどう豆、ローズサーモン、伊予柑紅白生酢、 さより京風巻き、にしん昆布巻き、若桃シロップ煮、鰤照り焼き、杉板包み ※サーロインローストビーフは、加熱・衛生上の為、監修となります。 重箱寸法/約203×203×180mm 3段 天然白木重箱

村上シェフオリジナル手作り入り 冷蔵生おせち料理3段重

出典元:チケットぴあ

11月3日、川崎フロンターレが『明治安田生命J1リーグ』2連覇を決めた。89分に浦和レッズに同点弾を許し1-1に終わったものの、2位横浜F・マリノスがガンバ大阪に0-1で敗れ、2年連続4度目の戴冠となったのだ。これで2年連続で4試合残してのリーグ制覇である。

夏場にMF田中碧、三笘薫がチームを去るとともに、谷口彰悟、ジェジエウらCBにケガ人が続出。9月14日・『ACL』ラウンド16・蔚山戦では延長0-0、PK戦の末敗退を余儀なくされた。必勝を期した大会を落とし、その後も続く隔離生活の中、気持ちを切らしてもおかしくない状況に置かれたながら川崎Fは踏ん張った。いや盛り返した。果たして帰国後6連勝を飾り、タイトルを引き寄せたのだった。

なぜ、川崎Fは26勝7分1敗という驚異的な戦績を残すことができたのか。

勝ち続けられる理由を、鬼木達監督が「やはり勝負強くなってきたかなと思う。気持ちだけでは勝負事は勝てない。経験や全体の意思統一、いい時は行くし、そうではない時は全員で我慢する。その使い分けは徐々にできてきている」と分析すれば、谷口主将は「ほかから見ると順調そうに見えたシーズンだと思うけど、やっている側は1試合1試合大変な思いをして、向上心を持って戦い続けてきた。総力戦で勝ち取った優勝」と振り返った。CFレアンドロ・ダミアン曰く「目の前の1試合1試合を決勝のつもりで戦ってきた結果」であり、ジェジエウが言うには「誰ひとり満足することなく日頃のトレーニングから向上することを目標にやっているから」である。

確かにそうなのだろう。だが、サッカーに失敗は付き物。また、メンタルが大きなウェイトが占める競技でもある。毎試合100%の準備と精神面で臨むことこそシンプルだが至難の業だ。なぜ川崎Fの選手たちはこの難しい作業をクリアできたのか。副将を務める左SB登里享平のコメントが腑に落ちた。

「強いフロンターレしか知らない選手も増えているが、僕は入団してから優勝できない経験をすごくして、何が足りないのかすごく考えさせられた。初優勝して今までの取り組みが確信に変わった。それから何度優勝しても勝てない時期を経験している選手が多いので、危機感を持ってチームをどう向かわせるか、チャレンジャーとしてシーズン通して戦ったり、どれだけ勝っても満足しないというのがあると思う」

シルバ―コレクターと言われた時代を知っているからこそ、タイトルの味を知り、なおもタイトルを渇望しているのだと言う。鬼木監督も歓喜に沸く選手たちに「“お疲れ様、おめでとう”と伝えた。“でも、もうひとつあるよ”と。“『天皇杯』、もうひとつタイトルを取ろう”と伝えた」と次の目標を提示することを忘れなかった。次の試合は11月7日(日)・駅前不動産スタジアムでの『明治安田J1』第35節・サガン鳥栖戦である。果たして、川崎Fはどこまで勝点を伸ばすのだろうか。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。