舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」ついに日本上陸!2022年夏から日本人キャストでロングラン上演(シネマトゥデイ)

出典元:あれから19年後のハリー一家

ローレンス・オリヴィエ賞9冠、トニー賞6冠に輝き世界中で大ヒット上演中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」が2022年夏、日本人キャストで上演されることが決定した。ロンドン、ニューヨーク、メルボルン、サンフランシスコ、ハンブルク(今春開幕)、トロント(今秋開幕)に続く世界で7番目してアジア初上演となり、英語以外での上演はドイツ語版に次ぎ2つ目となる。

【画像】ロン&ハーマイオニー夫妻(写真左)

 シリーズ第7弾「ハリー・ポッターと死の秘宝」での最後の戦いから19年後を舞台にした本作。3人の子を持つ父親になったハリーが魔法省での仕事に忙殺され、過去の呪縛と日々格闘する一方で、次男のアルバスも“ハリー・ポッターの息子”であることの重圧に押しつぶされそうになっている。そして現在と過去の時制が不気味に交錯するなか、暗黒の世界はいまだ存在するという受け入れがたい事実を、父と子は知ることになる……。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。