舞台『東京リベンジャーズ』開幕「ダサくても、泥塗れでも、新しい時代を創る」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

俳優の木津つばさ、野口準、松田凌、陳内将らが共演する舞台『東京リベンジャーズ』が6日、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて開幕した。

【写真】マイキーを演じる松田凌

 原作は2017年より『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載されている和久井健氏による人気漫画。26歳のダメフリーター・花垣武道が、ニュースで中学時代の人生唯一の彼女だった橘日向が弟の直人とともに悪党連合“東京卍會(東卍)”の抗争に巻き込まれ死亡したことを知ったことから物語が動き出す。

 翌日、バイト帰りの武道は電車のホームから何者かに突き飛ばされ転落してしまい、死を覚悟する。しかし、目を開くと人生の絶頂期だった12年前にタイムリープし、中学生に戻っていた。恋人を救うため、逃げ続けてきた自分の人生へのリベンジを決意し、困難に立ち向かっていく姿が描かれる。

 主人公のタケミチを木津、過去へ戻るキーとなる橘直人を野口、東京卍會の総長・佐野万次郎(マイキー)を松田、マイキーを支える副総長・龍宮寺堅(ドラケン)を陣内が演じ、中尾暢樹、川隅美慎、菊池修司、桜庭大翔らが出演する。

 きょう6日から8日まで同所にて公演し、12日から14日まで東京公演、19日から22日まで横浜でも上演される。

■キャストコメント
・木津つばさ
ついにこの時が来ました。熱く燃えたぎるような日々、皆と切磋琢磨をし紡いできた今作品、今では家族のように仲の良いカンパニー、一つひとつの言葉、物語が皆を強くさせ、人の心を動かす人生のキッカケになる、そんな作品だと思っております。
未来を変えたい、己の皆の、そんな気持ちで全員で前を向いて創って来た、それを舞台上でぶちかまし、末長く愛していただける作品になるよう、全身全霊を賭けて想いをダイレクトにぶつけたいと思います。明日を生きる皆の未来を変えるために、俺たちの「東京リベンジャーズ」が始まる。

・野口 準
いよいよ! 舞台「東京リベンジャーズ」が開幕するということで僕自身、久しぶりに板の上に立つのでドキドキがすごいです。緊張もしますし、ワクワクもします。 色んなドキドキです。
稽古で積み上げてきたものが、本番でどんな風になるのかお客さまが席に座って初めて分かるあの感覚…
ほかのものにはないものです。ナオトとして舞台に立てることをとても誇らしく思います。このカッコイイ仲間たちと、最高にカッコイイ舞台にしていきたいと思っております。僕には木津つばさという頼もしく、強い相方もいます。稽古中、いつもいつも彼の頑張る姿に影響を受けました。自分もそんな存在で居られるよう共に支え合って、駆け抜けたいと思います。応援のほど、よろしくお願いいたします!!

・松田凌
舞台「東京リベンジャーズ」初日の幕が開きます。今夏はこのときのために捧げてきました。細心の注意を払い、上演させていただきます。
この座組、原作、演劇の力を信じたい。厳しくも困難なご時世ではありますが、この作品から届けれるものがあるように魂込めて努めてまいります。
演劇での「東京リベンジャーズ」たとえダサくても、泥塗れでも、自分たちで、ここから新しい時代を創るつもりです。なにとぞよろしくお願いいたします

・陳内将
いよいよ舞台「東京リベンジャーズ」が開幕します。
正直、ここまですてきな座組はなかなかありません。皆が自分の役に責任を持ち、周りのことにも気を配れる。作品の持つ力が、そうさせてくれる部分もあると思います。
お客さまも僕たちも、タイムリープして戻りたくなるような、そんな夏の思い出を一緒に作れたらなと願っております。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。