芦田愛菜“新成人”祝福に感激 大先輩・宮本信子は「今のままで頑張って」とエール(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

芦田愛菜が6月19日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「メタモルフォーゼの縁側」の公開記念舞台挨拶に、共演する宮本信子らと登壇した。今月23日に18歳の誕生日を迎え“新成人”となる芦田。サプライズで祝福のバースデーケーキが登場すると、「こんな風に祝ってもらえるなんて、本当にすごくうれしいです。ありがとうございます」と感激していた。

【フォトギャラリー】芦田愛菜、宮本信子らが盛り上げた舞台挨拶の模様

 人生の大先輩である宮本は「愛菜さんは、何も言うことがないくらいパーフェクト。今のままで頑張って」とエール。「今を一生懸命に歩いているから、わたしはちょっと離れたところで、愛菜さんを見ていたい」と目を細めていた。

 毎晩こっそりBL漫画を楽しんでいる17歳の女子高生・うらら(芦田)と、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人・雪(宮本)。うららがバイトする書店で出会ったふたりが、雪の家の縁側で一緒に大好きなBL漫画を読みながら語らい、年齢差58歳の友情を育んでいく。原作は鶴谷香央理の同名漫画。「余命10年」の岡田惠和が脚本を手がけた。

 芦田は「縁側は新しい風が吹き込み、居心地が良い家と、居心地が悪い外の世界をつないでくれる空間。この映画が描くような、すてきな出会いが待っているんじゃないか……。そんな風に、前向きな気持ちになってもらえれば」とアピール。うららとの出会いを通して、メタモルフォーゼ(変化)を体験する役どころの宮本は「好きなものを見つけて、少しずつ華やかに変わっていく老婦人の姿を見ていただき、皆さんに希望と勇気が届けば。応援、よろしくお願いいたします」と晴れやかな笑顔を見せていた。

 芦田と宮本の共演は、2011年公開の「阪急電車 片道15分の奇跡」以来、11年ぶり2度目。本作ではふたりで主題歌「これさえあれば」を歌唱しており、芦田は「歌うことは、撮影が終わってから知ったので『えっ、聞いてないよ』と(笑)」と振り返り、宮本も「本当にびっくりしました。こんなことありえるのって(笑)」と驚きと戸惑いを告白。「愛菜さんは歌の経験があるけど、もしわたしの歌が失敗すれば、今までのお芝居全部が失敗になってしまう。責任をとれるのか、すごいプレッシャーだった」と話していた。

 舞台挨拶には芦田と宮本をはじめ、うららの幼なじみ役の高橋恭平(なにわ男子)、うららと雪が熱狂するBLマンガ家を演じる古川琴音、雪の娘を演じる生田智子、本作で映画デビューを飾った汐谷友希、狩山俊輔監督が登壇した。

コメントは受け付けていません。