英王室、「トゥルーピング・ザ・カラー」に続き「ガーター・セレモニー」も中止が決定(ELLE ONLINE)

出典元:POOL/SAMIR HUSSEINGETTY IMAGES

新型コロナウイルスがもたらした危機により、イギリス王室は社会におけるその役割を見直すことになっている。それは、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)を取ることが推奨される現在の状況では、これまで公務として行ってきたこと(握手や記念式典への出席、慈善団体への訪問など)のほとんどができないため。

このことを考えれば、王室は革新的になる必要がある。そして、王室メンバーたちはいま、インタビューに応えたり、支援する慈善団体の関係者とビデオ電話で話したり、病院の完成を記念する式典にバーチャルな形で出席したりしている。エリザベス女王もまた、国民を安心させるための歴史的なスピーチを、ビデオメッセージとして発表している。

そうしたなか、今年は毎年恒例の王室の最大規模かつ最重要のイベントのいくつかが、すでにキャンセルされている。女王の公式誕生日に毎年行われる「トゥルーピング・ザ・カラー」のパレードや、エリザベス女王が毎年開催するバッキンガム宮殿でのガーデンパーティーも中止となっている。

さらに4月22日(現地時間)、バッキンガム宮殿は毎年ウィンザー城で行う「ガーター・セレモニー」も中止することを明らかにした。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。