菅田将暉“RADWIMPS feat.”に「ビビりました」 野田洋次郎の“歌の手紙”に感慨(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎が、2日深夜放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週月曜 深1:00)にゲスト出演。松竹映画100周年記念作品『キネマの神様』(山田洋次監督、6日公開)で共演し、RADWIMPS feat.菅田将暉「うたかた歌」として同作の主題歌も歌唱している、パーソナリティーの菅田将暉とトークを繰り広げた。

【写真】『キネマの神様』菅田将暉と野田洋次郎の共演カット

 初対面に関する話題では、野田が「はじめましてって、なんか渋谷の夜の街でチラッと会わなかった? オカモトレイジとかと。一言くらいしかしゃべってないけど。オレもまだ20代だった気がする」と回顧。菅田も「レイジくんって言われて、ちょっと覚えているかも。何の集まりか覚えてないけど…そんなことありましたね」となつかしんだ。

 映画の公開については、野田が「やっとついにですね。まさかまさかですね。うれしい、めっちゃうれしい。やっと世の中の人が見てくれる。撮影中に緊急事態宣言になって、完全に街が止まる感じで、撮影も止まって。このまま映画も止まっちゃうのかなっていう感じだった」と緊迫した現場の様子を振り返った。

 これを聞いた菅田が「あの時の山田洋次監督のすさまじい行動力。緊急事態宣言中にZoomしたんですよ」と感嘆の声を上げると、野田も「ちょっとぶったまげることだらけでしたね」としみじみ。「うたかた歌」について、菅田は「前半・後半パートみたいなのがあって、僕らは前半の撮影。後半は志村けんさんのパートで、志村さんのことがあって、何が何かどうしたらいいかわからない状況だったんです。その時に野田さんが『お手紙として、この曲を聞いてください』と送ってくれたんですよね。その時、たまらなくて。一気にこの曲を聞くと、ぶわっと思い出が蘇るし」とかみしめるように語った。

 野田も「これが最終的に主題歌となって、菅田と一緒歌えてうれしい」とコメント。菅田が「『RADWIMPS feat.』はさすがにビビりました(笑)。そんな光栄なことない。ふと寝る前とかに、うわって…」との思いを口にすると、野田は「こればっかりはどうしようもなくて(笑)。うちのメンバーも演奏しているので」と和やかに話していた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

【広告】

 ZAFUL


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。