血塗られた剃髪の道三に視聴者大興奮!「麒麟がくる」十五回で衝撃展開(シネマトゥデイ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:第十五回「道三、わが父に非(あら)ず」より斎藤道三(本木雅弘) – (C)NHK

26日に放送された大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)第十五回で、剃髪姿の斎藤道三(本木雅弘)が登場し、クライマックスの血塗られた怒りの表情に視聴者から「鳥肌が立った」など興奮の声が続々寄せられている(※一部ネタバレあり)。

【写真】本木雅弘が最低な夫を演じた2016年の映画

 第十五回のタイトル「道三、わが父に非(あら)ず」とは、もちろん道三の息子・高政(伊藤英明)の言葉。この言葉が放たれるころには道三も予期せぬ衝撃的な出来事が起きることとなった。事の発端は、道三が側室・深芳野(南果歩)を亡くし高政に家督を譲る決心をしたこと。道三は仏門に入り政(まつりごと)を退くが、道三の正妻の子で高政の弟・孫四郎(長谷川純)や織田信長(染谷将太)の妻・帰蝶(川口春奈)は高政がいずれ信長と敵対し、政を誤った方向に進めるのではないかと案じ、高政に退いてもらう道を模索していた。孫四郎は明智光秀(長谷川博己)を訪ね、その先陣に立ってもらえないかと懇願するが……。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。