西川貴教、51歳でミニスカへそ出し女装コスプレに絶賛の声「絵になる」「腹筋バキバキの霊夢を初めて見た」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

滋賀ふるさと観光大使を務める歌手の西川貴教が発起人となって毎年9月に琵琶湖岸で開催している野外ライブイベント『イナズマロック フェス 2022』(9月17日~19日)が、3年ぶりに開催される。近年は、ボディコンテストで優勝するなど、鍛え抜かれた肉体美も注目を集めている。現在放送中のCMでは、ニスカへそ出しの女装コスプレが、話題になっている。かぐや姫に扮した俳優・トリンドル玲奈のCMと共に紹介する。

【全身写真】まるで彫刻! 50代とは思えない腹筋…鍛え抜かれた筋肉美で日本大会を優勝した西川貴教

◆西川貴教の51歳とは思えない学生服姿&巫女姿に驚きの声「美形な顔立ちだから絵になる」

 西川貴教が、DAMO Gamesのスマートフォンアプリの横スクロール型弾幕アクションゲーム『東方アルカディアレコード』の新CM「西川霊夢篇」に出演。学ラン姿のコスプレで、授業中に居眠りし先生に怒られる生徒役を演じた。51歳にして違和感ゼロの学生服姿にSNSでは、「30代後半位かなと思った」「50歳過ぎて学ラン姿に違和感がない」「新たな魅力が…アクション良いし、学ラン姿も似合うし、女装が美しくて元気がでました!」と驚きの声が。

 また、ゲーム内に登場する巫女のキャラクター・博麗霊夢(はくれいれいむ)になりきり、ミニスカ・へそ出しスタイルでワイヤーアクションに挑戦した。西川は、「多くの方に愛されたキャラクターですので、ファンの方には申し訳ない、心苦しいという気持ちで、大丈夫か心配です(笑)」とコメントしていた。その心配とは裏腹に、「美形な顔立ちだから女装しても絵になる」「可愛さだけを追求するよりも、はるかに説得力がある」「地上波初の実写版の霊夢役という偉業」と絶賛の声が寄せられた。

 西川といえば、鍛え抜かれた肉体美が高い評価を得ている。昨年末には、世界初の年齢別ボディコンテスト『ベストボディ・ジャパン 2021日本大会』に出場し、2年連続優勝した。同CMでも見事な腹筋を披露し、「素晴らしい腹筋」「腹筋バキバキの霊夢を初めて見た」「たゆまぬ努力を重ねた腹筋と器のデカさも相まり、こんなことできる人は西川貴教さんしかいない」などと反響が寄せられている。

◆トリンドル玲奈、かぐや姫の役がピッタリ「透明感あって似合っている」

 一方、世界で1.5億ダウンロードを記録中の大人気スマホゲーム『エボニー 王の帰還』のイメージキャラクターに就任したトリンドル玲奈。同ゲームに登場する新たなキャラクター「かぐや姫」に扮し、「世界で最も貴重な宝は知恵よ」と豪語するシーンが印象的なWeb CMとなっている。

 SNSでは艶やかな着物姿に、「透明感あるので、かぐや姫の格好も似合っていてめちゃ可愛い」「和服が新鮮」「とても美しいので、かぐや姫の役がピッタリ」「とてもキュートで見入っちゃいます」といった声があがった。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。