過去を偽り聖職者となった男 R18+の過激作「聖なる犯罪者」場面写真(映画.com)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:映画.com

ポーランドで実際に起こった事件に着想を得た「聖なる犯罪者」の新たな場面写真が披露された。司祭になりすました元受刑者ダニエルがドラッグを使用し、瞳孔が開いたままダンスホールで踊る姿などをとらえている。

【フォトギャラリー】主演俳優の表情にも注目「聖なる犯罪者」場面写真

 信仰深き元受刑者ダニエルは、刑務所から出所した後に立ち寄った協会で、新任の神父と勘違いされる。やがて、神父として村人達の信頼を勝ち得ていくが、善と悪の境目を超えた衝撃の結末を迎えることになる。

 メガホンをとったのは、Netflixで配信中の「ヘイター」も話題のヤン・コマサ。「パラサイト 半地下の家族」「レ・ミゼラブル」「ハニーランド 永遠の谷」らとともに第92回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた作品のなかで最後の日本公開作品であり、内容の過激さからR18+指定となっている。

 場面写真は、タトゥーが彫られた体を教会で晒す姿、血まみれで殴り合うシーン、子どもと楽しそうにサッカーをする様子など、ダニエルのさまざまな一面をとらえている。28歳のバルトシュ・ビィエレニアがダニエルという異様なキャラクターを演じ切り、第55回シカゴ国際映画祭、第30回ストックホルム映画祭にて主演男優賞受賞を受賞し、第70回ベルリン国際映画祭では若手俳優に与えられる2020ヨーロピアン・シューティングスターにも選出された。

 「聖なる犯罪者」は1月15日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開。R18+指定。

(C)2019 Aurum Film Bodzak Hickinbotham SPJ.- WFSWalter Film Studio Sp.z o.o.- Wojewodzki Dom Kultury W Rzeszowie – ITI Neovision S.A.- Les Contes Modernes

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。