鈴木拡樹&荒牧慶彦、次々くるポーズ要求に照れ “今年一番の笑顔”でピース(オリコン)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:オリコン

人気漫画『バクマン。』の舞台『「バクマン。」THE STAGE』製作発表会が2日、都内で行われ、出演キャストの真城最高役・鈴木拡樹、高木秋人役・荒牧慶彦、演出・脚本のウォーリー木下氏、松田誠プロデューサーが出席した。

【動画】鈴木拡樹&荒牧慶彦がイチャイチャ? 『バクマン。』舞台化で“最高役”に指名

 『バクマン。』は、2008年から2012年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた大場つぐみ氏と小畑健氏のコンビによる漫画が原作で、真城最高と高木秋人の高校生漫画家コンビが、『週刊少年ジャンプ』のトップを目指して奮闘する様子を描いたストーリー。『週刊少年ジャンプ』編集部がモデルになっていることで話題になり、2010年から2012年にかけて3期にわたってアニメ化、2015年には実写映画化もされている。

 高校生漫画家コンビの物語ということもあり、発表会のフォトセッションでは、さまざまなポーズを求められた鈴木と高木。「ガッツポーズお願いします!」「今年一番の笑顔で!」と言われると、2人は「ガッツポーズ? はいっ!」と笑顔を見せた。

 イケメン2人のガッツポーズに多くのカメラマンが「そのままでお願いします!」と続くようにお願いすると、2人の隣にいた松田プロデューサーは「ガッツポーズだけじゃないですから!」とチクリ。その後、カメラマンたちは「じゃー、ピースお願いします!」「背中を合わせる感じで!」と次々要望を出すと、2人は「はいっ!」と照れながら応じていた。

 舞台の東京公演は10月8日~17日に天王洲 銀河劇場、10月21日~24日にTOKYO DOME CITY HALL、大阪公演は10月28日~31日にメルパルクホール大阪で上演される。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。